亡くなって初めて知った「小林麻央」さんのこと。

インターネットを開くと、日本のトップニュースの見出しが出てきます。と言っても読みたいような記事が少ないのでいつも見出しを見るだけ、続きを開いて、読むこと稀にしかありません。

小林麻央さんの名前は、何度かそれらの記事で見たことがありました。「まおさん」と聞くと「浅田真央」さんを思い浮かべます。フィギアスケートで世界的に活躍していたので、海外に住んでいても知っていました。しかし「小林麻央」さんについては全く聞いたこともありませんでした。

最近よく見出しで見るので、何となく名前は憶えました。もとアナウンサーで、市川海老蔵さんの妻であること。そして乳がんで入院していたことも知りましたが、まさかこんなひどかったとは思ってもいませんでした。

今朝亡くなったことをネットで知ると、夫の市川海老蔵さんの記者会見を動画で見ることができました。それから「小林麻央」さんについてネットで調べると、闘病してからの麻央さんは、すごい人だったことを知りました。

芸能人が若くして亡くなると、その後神聖化されてしまいますが、彼女は自分の闘病をブログで発信することで、闘病にある人のみならず、たくさんの人に感動と生きる勇気を与えていたのですね。

私はブログの読者でもなく、ましてや彼女の病気についても知りませんでしたが、いろいろな方の記事を読んでいくだけで、涙が溢れて拭い去ることができません。もし私が闘病中で、彼女のことを知っていたら、まさに「私の生きる支え」になっていたと思います。

麻央さんが完治を信じて闘病していたのは、ふたりの小さなお子さんたちの将来を案じていたのかもしれません。夫の海老蔵さんは、将来、誰かを好きになれる可能性もあるけど、お子さんたちのお母さんの替わりにはなれませんからね。

残念ながらオーストラリアでは放送されませんでしたが、麻央さんを2016年社会に影響与えた「100人の女性」に選んだBBC放送は、ニュースで流しました。

小林麻央さんのご冥福をお祈りします。

下記のリンクはBBCニュースの記事ですが、英語文です。

Mao Kobayashi: Japanese cancer blogger dies at 34@BBCNews 

カテゴリー: 日本 | タグ: | コメントをどうぞ

アラスカは危険なところ?

日本でもニュースになったかもしれませんが、ここ数日アラスカで人間が熊に襲われる事件が続きました。私が住んでいたらデナリも熊が多いですが、人間が襲われる事件は殆どありませんでした。キャンプ場の近くまで現れても、パークレンジャーなどの努力で襲うことはありませんでした。

アラスカは治安は良い所ですが、大自然が相手なので野生動物だけでなく、危険は何処にでもあります。山を愛した植村さんだって、アラスカで命を落とされました。

私が働いたホテルの近くにある「グランデナリ」は、山の中腹にあります。そこからの眺めはとても良いのですが、ここまで上がるのはちょっとしたハイキング並みです。滞在した間に尋ねたのはわずか数回でした。

ここまでの道路は曲がりくなっていますが、道路はまだ舗装されていません。地下の凍土が溶けると地形が変わるので舗装できないそうです。ここまで上がるときは、ドライバーも命がけですよ。だって油断しているとムースと正面衝突しますよ。

ムースと衝突しないように!!

歩いていると、ココナッツが落ちてくることがあるかも?ココナッツが落ちてこなくても、大きな松ぼっくりがあるので注意してください。

 

アラスカでもココナッツに注意してね

ジョギングする人も多いのですが、動くものが好きな野生動物は、そのあとを追いかけるのが好きなようです。

熊が追いかけてくるかも

でも一番注意する必要があるのは、空飛ぶ物体?実はアラスカの大型「蚊」に誘拐される事件が発生しています。

蚊に攫われないように!!

アラスカ怖いね。この写真はアラスカに夏の間住んでいる、私の友達TamikoさんのFBからお借りしました。ありがとう!!こんな怖い所に今年も行きます。

 

カテゴリー: アメリカ旅行2013, アラスカ | タグ: | コメントをどうぞ

今年もアラスカに行くぞ!!

6月22日は夏至。地方によっては梅雨入りをしたところもあるでしょうが、一年で一番日が長い日ですね。数年前に住んでいたアラスカは、今頃が一番最高の季節です。

ちょうど日本でいえば新緑から夏への入り口と言ったところでしょうか。場所にもよりますが、高山植物が咲き乱れ、新緑が目にも眩しい時期ですよ。白夜のために夜がありません。若者たちは24時間、夏を楽しんでいることでしょう。

それに比べてシドニーはすっかり真冬になりました。と言っても日本の冬とは違って、日中の最高気温は20度前後。最低でも5度を下回ることは殆どありません。アラスカで言ったら春の気温、半袖で歩いている人もいるくらいです。

でも昼が短いのは嫌ですね。夜が長いとなんだか損をしているみたいです。暗い中起きて仕事に行くのも嫌だけど、朝日が昇ってくるのをドライブしながら見るのは気持ちが良いです。

この時期アメリカに逃げていることが多いのですが、今年はちょっと良い時期を逃してしまいました。それでもアラスカに行きますよ。8月になりますが、、。このころアラスカに行く人がいたら、お会いできるかもしれませんね。

アラスカで何をするかは、ちょっと後の楽しみにしていてください。今年は私にとって節目の年。そう「世界一周」が今の計画。その計画で、この寒さを逃げ切る予定です。

Alaska Dispatch Newsより

 

 

カテゴリー: アラスカ | タグ: | コメントをどうぞ

北米旅行2016 プロローグ「次は何処へ行こうかな」

2016年9月から11月にかけて、2か月だけ楽しんだ北米旅行。その旅行記がやっと終わりました。全部で132記事、毎日更新しても4か月半、途中アップできない日もあるので、何と7か月近くかかりました。

旅行中は忙しかったこともありますが、インターネットに接続できない場所。接続できてもホテルの予約だけで時間がかかったりして、旅行記は殆どアップできませんでした。シドニーに戻ってから旅行記を書き始めましたが、友人からは「今アメリカにいるの?メキシコにいるの?」なんて、メッセージをもらう時もありました。

その旅行記がやっと終わりました。自分でも飽きるほど長かったなあ~。でも思い出して楽しかったです。計画しているとき、旅行しているとき、旅行記を書いているときと、三度も旅行を楽しんでいます。しかし旅行が終わると、次の旅行が待っています。待ってくれないのは請求書ぐらいですが、今年の旅行も計画が始まっています。

アラスカの仕事も応募してみましたが、残念ながらホテルの仕事は何の返事もなし、そこで別の仕事に応募しました。本当なら一番季節の良い今頃にいたいのですが、実際に行くのは2か月後になりそうです。それまでこれから最終的に計画を立てます。

今年は私にとって節目の年。久しぶりにヨーロッパや日本行も視線にありますが、どんな旅になるかな?今年の旅行記はもっと長くなりそうです。途中からアップできたらよいのですが、、。きっと来年の今頃、2017年の旅行記を書いているかもしれませんね。

メキシコのお土産にどうぞ

カテゴリー: 北米旅行2016 | タグ: | コメントをどうぞ

北米旅行2016 その132「シドニーへは別々の飛行機で」

シドニーを出発してから2か月間の旅行も終わり、シドニーに戻る日が来ました。私はデルタ航空(何といっても一番安かったですからね)、そして友人はカンタス航空でシドニーに飛びます。幸い同じ時間帯なので、一緒に空港に行くことにしました。

それぞれのスーツケースと余分な荷物が1個。北米線は23kg以内の荷物が、2個まで預けれるのが良いですね。最近はシェアーカーUberを使い人も多いようですが、私たちはユニオンステーションまで行き、そこからシャトルバスに乗ることにしました。

ユニオンステーションまではオーナーKenさんが送ってくださるというので、大きな荷物がある私たちには嬉しかったですね。時間には余裕を見て6時間ぐらい前には出ました。ロサンゼルス空港にはいつも4時間前には到着するようにしています。

ロサンゼルス空港のターミナルもそれぞれ異なるので、まず私が乗るデルタ航空でチェックイン。その時余分な荷物も私がチェックインしました。それから友人が乗るトムブラッドリーターミナルまで移動。ここで夕食を取ることにしました。

トムブラッドリーターミナルは、国際線専用のターミナルです。8つあるターミナルでも最大でいつも混雑していますね。以前はチェックインカウンターの奥に、たくさんレストランがあったのですが、現在は2、3件しかありません。数少ないレストランで夕食を取りました。

友人が搭乗ゲートに進むと、私はデルタ航空のターミナルに行き、搭乗ゲートへと進みます。人数が少ない分トムブラッドリーターミナルよりは時間がかかりません。

たった2か月ですが、仕事をしない久しぶりの長期旅行でした。皆と旅行したカナダ、車で回ったグランドサークル、そして30年ぶりのメキシコと3部に分かれた旅行でした。シドニーから来た友人には初めての北米旅行。これでテレビで北米が報道されても、肌で感じることができるようです。

デルタ航空

カテゴリー: 北米旅行2016 | タグ: | コメントをどうぞ

北米旅行2016 その131「アメリカ大統領選挙」

シドニーから来た友人を入れて3人で、友人が滞在しているモーテルの近くのパブで「アメリカ大統領選挙の実況中継放送」を見ることになりました。彼のモーテルで見ても、私たちが滞在している宿で見ても、その結果に変わりはありませんが、アメリカ人に交じって、選挙結果を見ることに意義がありました。

アメリカに初めて来たのが1981年、それから何度か住んでみました。ラスベガスに住んでいた時は、ちょうど8年前の選挙の年、オバマやヒラリーだけでなく、両党候補者が月に一度ぐらい訪れていました。

でも一度も「大統領選挙の日」にアメリカにいたことがありません。いつも日本やオーストラリアからその模様を眺めていました。しかし私が若いころは、この実況中継も海外ではこれほど報道されなかったような、、、。しかし今年はその場で見ることができました。

選挙前は「ヒラリー氏優勢」の声も聞かれましたが、選挙が近づくと「トランプ氏優勢」どちらが大統領になっても、私の生活が逆転することはないでしょうが、それによって恩恵を受ける人たちにとっては「死活の問題」でした。

パブに入ったときすでに「トランプ氏がリード」していました。しかしカルフォルニアは「ヒラリー氏優勢」とも言われていたので、期待する人も多かったようです。開票されヒラリー氏陣営が勝利すると歓声が上がっていました。

カルフォルニア州の投票が終わり、即開票が始まると、刻々と表の数が読み上げられます。と言ってもすべて開票されるまで見ているわけにもいかないので、途中で引き上げることになりました。

そこから宿まで最低でも1時間半以上かかります。友人は泊まって行けばというけれど、翌日は帰国の日、夕食も終わり「トランプ氏リード」の中、最後まで見ませんでした。

今年の1月トランプ氏がアメリカ大統領に就任しましたが、就任直後「国境の壁問題」「テロリストの国からの旅行者禁止」など、アメリカ人でさえびっくりするような大統領指令を発令しています。「大統領にそんなに権限があるの?北朝鮮の金総書記とあまり変わらないのでは?」と思う時もあります。「You are fired!」と言って、誰でも首にするのでしょうか。

トランプアメリカ大統領

 

カテゴリー: フェアーバンク, 北米旅行2016 | タグ: | コメントをどうぞ

北米旅行2016 その130「DMVに行ってみた@パサディナ」

今回の旅行も最後の日、その日は大統領選挙の日でした。シドニーから別の友人が来ていたので、彼がステイしているパサディナで、大統領選挙の実況中継を見ながら食事することになりました。

彼のモーテルに行くと、食事まで時間があるというので、私はDMVに行くことにしました。2017年の免許が切れるまで半年もありません。次に戻って来るまでには切れるので、早めに更新するつもりでした。

地図では近いDMV(アメリカの陸運局)も、さすがアメリカ、多分片道5km以上あったと思います。何処までも何処までもまっすぐな道を、ヤシの木と信号機の数を数えながら歩いてみました。「何処まで行くの?もう少しかな?」と思っても目的の通りは現れませんでした。

DMVは午後5時に閉まります。まだ4時ごろでしたが、あまり遅くなると夕食にも間に合わないし、、、。でも今更引き返せないし、とりあえずもう少しという思いで、DMVに到着したのが、午後4:10頃でした。あと1時間しかないというのに「長蛇の列」オフィス内に100人ぐらいはいましたね。

まず手続きを始める前に、インフォーメーションに並びます。ここだけでも30人ぐらいいましたが、私の番が来て、「免許証を更新に来たの」というと、「更新手続きの用紙を持っているか?」と言われました。「来年切れるから更新を早めにしたいけど、、、」というと、そしたら「試験を受けろ」と言われました。

カルフォルニア州では、免許の更新時期が来ると、「試験が必要かどうか」コンピューターが選ぶそうです。もしそれに合格したら、オンラインで簡単に更新することができます。(写真は以前のものを使います)もし駄目だったら、DMVに行って更新手続きをしなければなりません。

時間がかかりそうだし、今更ペーパーテストを受ける気力もないので、そのまま退去。何とまた1時間もかけてモーテル近くにあるレストランまで戻ることになりました。

その後ロサンゼルスの友人からメールが来て、免許証はオンラインで更新できることになりました。切れても海外にいたら延長が猶予されるので、あまり早めに更新する必要もないようです。今度戻ったら、新しい免許証が待っています。

パサディナの有名な橋

 

カテゴリー: 北米旅行2016 | タグ: | コメントをどうぞ