「Ask for Angela」キャンペーン@オーストラリア

去年10月ハリウッドの映画プロデューサー「ハーヴィー・ワインスタイン」をニューヨークタイムズがセクハラで告発すると、ソーシャルネットワーキングサービスで「#metoo」運動が活発となり、映画界のみならず世界中を大きな渦の中へと巻き込みました。

1980年代だったら。「良い役を得るために」自分の体を売り込んだ女性も多かったと思います。それが「女性の武器」と思われていました。まだまだ泣き寝入りをすることもあると思いますが、それでも声に出して言えるようになったことは、女性にとっては嬉しい時代の到来です。

しかしセクハラや暴力を受けている女性は、ハリウッドだけではありません。職場や家庭で、そしてレストランやバーで恋人からまたは見知らぬ人から受けることもあります。そんな女性を守るために、「Ask for Angela」キャンペーンがオーストラリアでも始まりました。

もしあなたが身に危険を感じたら、レストランやバーのスタッフに「Ask for Angela(アンジェラとお話ししたのですが、、、)」というと、そこで働いているスタッフは、マネジャーに「Ask for Angela」と伝えなければなりません。

特別の訓練を受けたマネージャーは、指示に従って、あなたが「危険な状態にいることを」警察に通報しなければなりません。

このキャンペーンは、オーストラリアではまだ始まったばかりですが、先進のイギリスを見習って、大きな動きになることを願っています。と言っても海外からの移民の多いオーストラリアですが、どのレストランやバーでも、この動きをスタッフが理解できるように訓練するのが大切です。

オーストラリアではお酒を提供しているレストランやバーで働くスタッフは「RSA」のトレーニングを受けなければなりません。それでも韓国レストランで、酔っぱらった女性のお客さんを、道路に放り出すという事件がありました。

酔っぱらうまでお酒を提供することは禁じられていますが、ましてや酔っぱらったお客さんの介護もせずに、道路に放」り出すというのは無責任ですよね。その結果2000万円近い罰金となりましたが、もう一回同じような罪を犯すと、お酒を提供できるライセンスが取り上げになります。

さあこの運動、オーストラリアに定着するのにどれぐらいかかるでしょうか?安心して「Ask for Angela」できるかしら?

カテゴリー: オーストラリア | タグ: | コメントをどうぞ

アリに襲われる@リッチモンドにて

昨日と今日は晴天に恵まれてとても気持ちの良いシドニーです。気温も25度近くまで上がっており、日中なら半袖のTシャツでも気持ちが良いかもしれません。

そんな私、今週はリッチモンドまで仕事に行っています。片道60km、往復120kmあるので、結構なドライブ時間になります。仕事が終わると一目散に帰りたいので、真っ暗な中を飛ばしますが、行きは信号や渋滞で片道1時間半はかかります。

いつも同じ道を通ると退屈なので、折角の良い天気の日には、ドライブを楽しむために別のルートを通ってみました。シドニーから西へ40kmも行くと、新興の住宅街やビジネスパークもありますが、それを抜けるとまだ昔ながらの牧場も残っています。

いつも高速ばかり通っていると、片道1車線の道路も良いですね。でも制限時速は80km(20年前だったら100kmでした)夜飛ばしていると怖いくらいです。「カンガルー危険」の道路標識もあり、夜は気を付けないといけません。

あんまり気持ちが良いので、ちょっとした路肩で車を停め、周りの風景写真を撮っていました。停まったのはわずか10分もありせんでした。車に戻り、いざ出発しようとしたら、「体のあちこちが噛まれるような気分!!」そしてハンドルにかけた自分の手を見ると、「小さな黒い物体が!!!」

慌てて車の外に出ると靴や足にも。この時一瞬、体中に悪寒が走りました。蜘蛛かな?と思ったのですが、どうやらアリのようです。でも考えている暇はありません。体からアリを払い落としたり、つぶして殺しました。

それが誰もいない所なら、着ているものを全部脱いで、体中からアリを払い落としたかったでうね。幸いにもお腹や背中まで到達していなかったので、足や腕で防ぐことができました。でも車内にもまだアリがいます。足を置くマットをはたいたり、座席のアリをつぶして、何とか出発できる状態になりました。

いったん出発しても、アリに噛まれるような気がして、安心して運転できません。近くのスーパーに入り、アリ退治用のスプレーを買い込みました。仕事先に到着したら、車内に散布して、仕事中にアリが死んでくれることを願うだけです。

仕事が終わり車に乗りました。何とかアリには噛まれませんでしたが、運転している間も落ち着かなかったですね。あのアリ何処から来たのでしょうね。車から降りたとき、アリ塚を踏んでしまったのでしょうか?今から考えても背筋が冷える体験でした。

カテゴリー: オーストラリア | タグ: | コメントをどうぞ

愛があれば、何処にだって夢はある

たくさんのニュースが世界中を駆け巡っていますが、まだまだ耳に入ってこないものもあります。インターネットを見ていると、テレビでは報道されないようなニュースに行き当たり、心の底から感動するようなとびっきりのニュースを発見することもあります。

AFP発信の「父の手作り、空き缶義足の少女」の記事には、涙だ溢れて抑えきれることができませんでした。シリア生まれのマヤ・メルヒ(8)さんは、先天性四肢切断のために、生まれつき下脚がありません。そんなマヤさんのために、お父さんが手作りの義肢を作ってくれました。

マヤさんのお父さんモハメドさんも、マヤさん同様先天性四肢切断のために下脚がありません。彼自身は義足をつけていませんが、張って移動しているようです。マヤさんも張って移動していましたが、下脚を短く手術で張って移動するのが困難になったそうです。

そんな彼女のために、プラスチックと空き缶をつかって、少しでも移動できるように「義足」を作ってくれました。これで何とか学校にも通うことが出来るようになりました。と言ってもマヤさんたちは普通の暮らしをしていません。シリアの内戦により、避難民キャンプで暮らすことになりました。

マヤさんが避難民キャンプで苦労して歩く姿は、世界中に大きなインパクトを与えました。その写真を見たトルコの医師が治療を申し出、トルコ赤新月社が彼女に合いの手を差し伸べてくれました。現在はトルコの病院で治療を受けているようですが、マヤさんに希望に満ちた未来が訪れることを願っています。

この写真を見て、世界中の人たちが、愛の手を差し伸べてくれたそうですが、「モハメドさんの愛」がなければ、マヤさんが世界中に知られることもありませんでした。避難民キャンプという何もかもが乏しい環境でも、モハメドさんは「最大の愛」を注いでくれたのです。「娘の将来が一番の気がかり」お父さんの愛に負けないように成長してください。

オーストラリアにも世界中の困っている子供たちを手助ける、チャリティー団体がたくさんあります。募金すれば問題が解決するわけではありません。子供の幸せは、お父さんやお母さんの愛が一番ですね。

この記事の内容と写真は、AFPよりお借りしました。

こんな暮らしをしていても、誰にも負けない愛で幸せになれることを願ってます。 by AFP

 

 

カテゴリー: オーストラリア | タグ: | コメントをどうぞ

オーストラリアで買い物袋を止めてみたけど

今日は7月1日。毎日寒い日が続いているシドニーです。空は晴れて日中はまだ暖かいのですが、日が沈むと一挙に寒さを感じます。古い家に住んでいると、あちらこちらから隙間風が吹いてきますね。

オーストラリアでは会計年度が今日から始まりました。そのために新しいこともいろいろと施行されます。最低賃金で働いている人たちのペナルティーレイト(週末の割まし手当)が10~15%カットになったかと思えば、国会議員の給料は2%も上がりました。ただでさえ高給取りなのに???と思っている人たちも多いです。

大きな動きとしては、オーストラリアの最大級のスーパーマーケットが、無料の買い物袋を廃止しました。これは環境問題が一番の原因のようですが、有料化されたのではなく、プラスチップ製のバッグは全面禁止されることになりました。

オーストラリアのスーパーマーケットと言えば、大手がウールワースとコールズ。そして独立系スーパーチェーンIGAとドイツから来たアルディーがあります。アルディーはもとから無料のバッグを提供していないので問題ありませんが、ウールワースが決定したことを受けて、コールズやIGAもそれに続きました。

オーストラリア最大の小売業者ウールワースが、買い物袋を廃止したのは6月20日。その日はお客さんから嫌がらせをされた店員も多いそうです。廃止を決定したのは上層部で、店員には一切責任はないのですが、チェッカーで働いている人は嫌な思いをしたようです。

そのせいか、ウールワースは7月10日まで、無料で買い物バッグを渡すことになりました。何となくオージーの性格を表しているような気がしませんか?それともコールズが買いもの袋を廃止したので、お客をよぶためにカムバックさせたのでしょうかね。

オーストラリア人も一度「廃止」になったら、それに従うべきですよね。日本やドイツではすでに有料でした。アルディーのように最初から有料にしておけば、皆自分で買い物袋を持っていくのですが、、。

今の所シドニーでは、このスーパーマーケット以外は、買い物袋を使用しています。もしかしてその他の小売店でも、そのうち廃止になるかもしれませんが、そうなったら我が家の「ごみ袋」がなくなってしまいます。

スーパーの買い物袋は廃止

カテゴリー: オーストラリア | タグ: | コメントをどうぞ

アンカレッジ行のフライト@2018

「旅は計画しているときが楽しい」と言いますが、まさにその通りにここ数日夢中になっています。何とかヨーロッパ行きのチケットを予約したら、次はアンカレッジ行のチケットを予約しなければなりません。

一応旅を計画する前に航空券の値段を検索してから、旅のルートを決めています。と言っても今年のルートは去年の逆なので、ヨーロッパからアンカレッジは比較的簡単に見つけることができました。

航空券を探すときの条件は、、、1、料金が安いこと。LCCの場合には、荷物だけで100ドル以上取られたり、座席や機内食も別料金の所が多いので、これをある程度計算してから、最終的な値段を比較します。

2、飛行時間が短いこと。飛ぶなら飛行時間が短いのがベストですね。でも真夜中に到着したりすると、知らない国では迷ってしまうので、なるべく明るいうちに到着するように心がけています。今回はアンカレッジなので問題はありません。

でも乗り換える航空機会社が異なると、別の荷物料金が取られたりすることもあります。待ち時間が長ければ、食事や飲み物だって必要になりますからね。

ヨーロッパからアンカレッジに直行便を出している航空会社は、意外と少ないんですよ。去年飛んだアイスランド航空もそのひとつですが、欧州本土となると少ないですね。今回の旅はスロバニアで終わるので、その辺で安い航空券を探していたら、コンドル航空の直行便がありました。

なんとドイツからの直行便で、荷物料金や食事も含まれています。座席指定なしなら500ドルほどです。ドイツの航空会社ならLCCと言っても安心ですよね。というわけで本日予約しちゃいました。

コンドル航空でアンカレッジへ

 

 

カテゴリー: 世界一周 | タグ: | コメントをどうぞ

侍ブルー決勝トーナメント進出@ワールドカップロシア

昨夜はテレビにくぎ付けになった方も多いでしょうね。FIFA決勝トーナメント進出をかけて、対ポーランド戦は勝つか引き分けが期待されていました。その結果は0-1で、試合終了後落胆した方も多いと思います。

オーストラリアのサッカルーズが、決勝トーナメントに進出できなかったので、せめて侍ブルーには進出して欲しいと思っていました。私は途中で寝てしまい、相棒から「駄目だった」と聞くとがっかりしたものですが、今朝のニュースをネットで見て驚きました。何とセネガル対コロンビア戦で、セネガルが負けてくれたおかげで、決勝トーナメントに進出することになりました。

インターネットに書かれている記事を見ていると、日本チームの試合ぶりにブーイングする観戦者もいたり、西野監督の采配に疑問を投げかける投稿もありました。しかし西野監督は侍ブルーの試合をみているだけでなく、セネガル対コロンビア戦の試合状況を見据えながら、試合の采配をしなければなりませんでした。もし負けても、その状況により進出の可能性もあったからです。

常にすべての力をだして、スポーツマンシップにのっとり、正々堂々と戦いあうだけが「試合」ではありません。そこで負けても「決勝進出」することが、本当の意味での「勝負」です。やはり決勝トーナメントに進出することこそ、リーグ戦での勝負です。

私は決勝トーナメント進出を決めた「侍ブルー」の監督と選手たちに120%の声援を送ります。

試合には負けたけど、、 by ABC news

カテゴリー: 日本 | タグ: | コメントをどうぞ

2018年は「リベンジ世界一周の旅」

毎日シドニーにしては寒い日が続いています。先日まで仕事をしていたので、ゆっくりブログを書く暇もありませんでした。正直言うと、去年の世界一周のブログも中途半端で終わっています。

さて今年もアラスカに行くことにしましたが、タイミングが合わずに8月だけのガイドさんです。チャーター便が入る8月終わりから9月にかけてだけの、助っ人ガイドをしに行きます。残念ながらアラスカの一番良い時期は過ぎていますが、オーストラリアでは味わえない、紅葉とオーロラをみるつもりです。

仕事も暇になったところで、旅行計画を立てています。いくつか候補がありました。ロス往復にして、キューバとバハマに行く。インドの友達を尋ねて、そこからアメリカ往復を計画する。

一か月ほど前にヨーロッパ行きのチケットを見ていたら、ちょうど夏の初めで航空券の料金が高くなっていました。往復は買えないので片道になりますが、一番安いLCCのスクートでも600ドル以上の高値がついていました。

そして数日前に見てみると500ドル以下でした。これに荷物料金、座席指定料、手数料など含むと700ドル近くになりましたが、シドニーから片道6万円以下で飛べるなら安いですよね。それも「私の目的地に近い!!」というわけで早速予約しちゃいました。

私の今年の旅行は、「2017年のリベンジ、旧ユーゴスラビアを訪問する旅」です。去年ある事情があってドイツまでは行ったけど、結局断念することになりました。そして新しい国を増やすために、今年の旅は決まりました。

最終的にドイツからアンカレッジまで飛ぶ予定です。そのあとシドニーまで戻ってくるチケットを探しています。去年の反対のルートになりますが、LCCスクートのおかげで実現できる旅です。

プリトヴィツェ湖群国立公園を見なくちゃね by wiki

カテゴリー: 世界一周 | タグ: | コメントをどうぞ