2018世界一周の旅 その49「男女共有ドミトリーのホステル」

私の旅の予算で一番削れるのは宿代です。若い20代の頃、ユーレイルパスを利用した列車の旅では、2日に一度は「夜行列車」を利用していました。今回も3週間の旅のうち4~5晩は「夜行バス」を利用しました。都市間の移動が長いために、昼間一日かけて移動すると、時間が勿体ないのが最大の理由です。

嬉しいことにバルカン半島では、まだ1泊US40ドル位で泊まれる宿がたくさんありました。もちろん豪華さは望めませんが、トイレ・シャワー付きの個室でも、それぐらいの値段で泊まれました。私としては安全であることが第一優先、そして街の中心地に近い所をなるべく予約しました。

ドブロブニクで泊まったホステル

観光地ドブロブニクの宿代は先進国並みです。8月と言えば観光シーズンですから高いのは当たり前ですね。ひとり旅の私として、どうしても宿代が高くついても仕方ありません。そこでドミトリーのあるホステルを利用することにしました。それでも他の街の民泊の個室より高かったけど、数時間だけ観光して「夜行バスで移動」というのも辛いですよね。

バスターミナルから歩いて20分ぐらいでしょうか、比較的街の中心地に、そのホステルはありました。1階はドラッグストアーになっていました。建物内はとっても新しくて、今まで宿泊したヨーロッパのホステルに比べても、本当にきれいで清潔でした。男女専用のドミトリーはなく、建前は「共有」となっています。しかしアサインする人がうまくやってくれれば、女性だけの部屋だってありえますよね。

私が到着した時はまだ掃除中でした。荷物だけ置かせてもらおうと思ったら、「しばらくしたら部屋ができるわよ」と言われて、取り敢えず待つことにしました。近くにパン屋さんがあったので、そこでコーヒーと一緒に買ってきて、1階のテラスで食べることにしました。

1階がドラッグストアー(薬局)で、その上の階がホステルになっています。部屋はいくつかのタイプがあるようです。私が泊まったのは、シングルベッドがひとつと2段ベッドがひとつの部屋でした。私のベッドは2段ベッドの上段でした。

ドブロブニクで泊まったホステル

シーツは真っ白でとても清潔。部屋の掃除をきちんとされていて気持ちよかったです。もちろんトイレとシャワーは共同ですが女性専用です。こちらもきれいに掃除されていました。

チェックインするとき、なるべく女性と一緒になるようにとお願いしたのですが、、、。観光から戻って部屋に入ると、誰もいませんでした。ただ荷物から推測すると、二人とも男性のようでした。結局私が寝てから二人とも戻ってきました。20代のぞれぞれひとり旅の男性たちとシェアーすることになりました。

翌日、私は朝早く出発することになっていたので、まだ二人とも寝ていました。確かに殆ど部屋で顔を合わせることはなかったけど、やっぱり男女共有のドミトリーは、なるべく遠慮したいです。ヨーロッパでは男女ドミトリーが多いので注意してください。今回は若い男性諸君でしたが、同年代の年配の男性よりは良かったかな?

カテゴリー: 世界一周 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中