2018世界一周の旅 その46「ウルツィニからドブロブニクへ」

モンテネグロのウルツィニで1泊した私は、今日はクロアチアのドブロブニクに向かいます。最初は物価が高いので敬遠していたのですが、アドリア海一の観光地を見ないで、旅行を終えるのは無念になるので、たっぱり行くことにしました。今日はアドリア海沿いに北上していきます。

バスは朝5時出発です。そのために3時半に起きたけど、小さな街のせいか問題なくターミナルに到着できました。ドブロブニクまでのバス代は22.5ユーロー、観光地なのか他のルートに比べると高い気がします。そして荷物を預けるときに1ユーロードライバーに払いました。一応領収書をくれるけど、ドライバーの収入になるのかしら?

バスはアドリア海沿いに走ります。前回行ったコトルまで、バールやブドゥバと言ったリゾート地を通っていきます。街の中心地にはホテルやレストランが集まっていますが、夏休みのバカンスシーズンなので、ヨーロッパ各国からたくさんの旅行者がたくさん歩いていました。

ことる湾の奥に見えるのがコトルの街

 

ベネチア帝国に支配されていたころ、赤い屋根の家が建設されたようで、ドブロブニクに負けないような景色が続いています。ネットで見ると物価はドブロブニクに比べてかなり安いので、リゾートでのんびりしたいなら、こちら方がお勧めですね。

バールからは首都ポトゴリッツアやセルビアに行く列車が出ています。ベオグラード=バール鉄道は途中ボスニアヘルツェゴビナを経由するので、3か国をまたぐ国際列車になっています。旅客としての需要は少ないですが、山岳鉄道として観光客に人気がでているそうです。

そしてコトルに到着すると、トイレ休憩を兼ねて15分ほどバスが停まりました。この街ならもう一度泊まりたいと思いましたが、城壁は他の都市の方が見ごたえありました。そこからの眺めは価値があったけど、8ユーローはちょっと高いかもしれません。

コトル湾に浮かぶ島にある教会と修道院

コトル湾沿いにバスは走っていきます。コトル湾は細長い入り江です。その一番奥にあるのがコトルです。大型のクルーズ船も入れるほど、深い入り江が海岸線まで続いています。この辺りでは船やフェリーを移動や観光に使っています。入り江を半周したので、今回は行かなかったけど、海に浮かぶ教会がとてもきれいに見えました。

ウルツィニを出発して約4時間で、モンテネグロの出国審査。それが終わるとバスで5分ほど走ったところで、クロアチアの入国審査。クロアチアはEUに加盟しているせいでしょうか、入国審査が厳しかったですね。

入国審査をして約1時間後に、アドリア海一の観光地「ドブロブニク」に到着しました。街に入る前に高い所を通っている道路から市街を見ましたが、やはりたくさんの人が訪れるように、とってもきれいでした。

カテゴリー: 世界一周 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中