2018世界一周の旅 その35「何だか日本の街にいるみたい@プリズレン」

マケドニアのスコピエを出発してわずか30分で国境。コソボへの出入国審査は、バスに同乗しているガイドが、乗客のパスポートを集めて簡単に終了しました。直行なら2時間足らずで行けるのでしょうが、途中小さな街にも立ち寄ったので約3時間でプリズレンに到着しました。

そんな小さな街を抜ける道は良いですね。住んでいる人たちの生活を垣間見ることができます。高速で抜けたら、ただ通り過ぎた景色を眺めるだけ。国際線のバスでローカルバスの雰囲気を味わえるなんて、、、。だからバスの旅が好きなのかもしれません。

近くにあった市場

プリズレンのバスターミナルは、旧市街のはずれにありました。そこから予約したホテルまで歩いていきます。スマホのアプリを使えば、何処へ行くのか教えてくれるのが嬉しいですね。オフラインでもGPSを使って行き方教えくれるのです。

大きな道路から横道に入って、そこには住宅街でしたが、2階建て1軒屋もあれば、10階建ての団地のような建物もあります。あまり大きくない住宅街の道を歩いていきます。途中にはパン屋さん、コーヒーショップ、車の修理や、電気店など個人が経営する店もあれば、スーパーもありました。

計画的に作られていないその道を歩いていると、「昔歩いたことあるような錯覚」に陥りました。コソボに来るのは初めてですよ。その景色は西欧のような整然とした街並みでもなく、中近東のスーク(市場)がある旧市街のような迷路でもありませんが、、、。とっても懐かしい所を歩いていました。

泊まったホテルの周辺

そうこれはまさにアジアですね。日本の地方都市にある住宅街をあるいているようでした。私が東京で働いたころ、姉の家を訪ねていくとこんな景色が広がっていました。高度成長時期に建てられた建物によく似ていました。

歩いている人も違えば、言葉も宗教も違うけど、この雰囲気はアジアですよ。決してヨーロッパの街並みではありませんでした。もう旅行慣れして違和感を感じないかもしれないのです。それでも他の街では、こんなに親しみを感じなかったのに、、。何処かいつも住んでいる街を歩いている気がしました。

 

 

 

カテゴリー: 世界一周 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中