愛があれば、何処にだって夢はある

たくさんのニュースが世界中を駆け巡っていますが、まだまだ耳に入ってこないものもあります。インターネットを見ていると、テレビでは報道されないようなニュースに行き当たり、心の底から感動するようなとびっきりのニュースを発見することもあります。

AFP発信の「父の手作り、空き缶義足の少女」の記事には、涙だ溢れて抑えきれることができませんでした。シリア生まれのマヤ・メルヒ(8)さんは、先天性四肢切断のために、生まれつき下脚がありません。そんなマヤさんのために、お父さんが手作りの義肢を作ってくれました。

マヤさんのお父さんモハメドさんも、マヤさん同様先天性四肢切断のために下脚がありません。彼自身は義足をつけていませんが、張って移動しているようです。マヤさんも張って移動していましたが、下脚を短く手術で張って移動するのが困難になったそうです。

そんな彼女のために、プラスチックと空き缶をつかって、少しでも移動できるように「義足」を作ってくれました。これで何とか学校にも通うことが出来るようになりました。と言ってもマヤさんたちは普通の暮らしをしていません。シリアの内戦により、避難民キャンプで暮らすことになりました。

マヤさんが避難民キャンプで苦労して歩く姿は、世界中に大きなインパクトを与えました。その写真を見たトルコの医師が治療を申し出、トルコ赤新月社が彼女に合いの手を差し伸べてくれました。現在はトルコの病院で治療を受けているようですが、マヤさんに希望に満ちた未来が訪れることを願っています。

この写真を見て、世界中の人たちが、愛の手を差し伸べてくれたそうですが、「モハメドさんの愛」がなければ、マヤさんが世界中に知られることもありませんでした。避難民キャンプという何もかもが乏しい環境でも、モハメドさんは「最大の愛」を注いでくれたのです。「娘の将来が一番の気がかり」お父さんの愛に負けないように成長してください。

オーストラリアにも世界中の困っている子供たちを手助ける、チャリティー団体がたくさんあります。募金すれば問題が解決するわけではありません。子供の幸せは、お父さんやお母さんの愛が一番ですね。

この記事の内容と写真は、AFPよりお借りしました。

こんな暮らしをしていても、誰にも負けない愛で幸せになれることを願ってます。 by AFP

 

 

カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中