オーストラリアで買い物袋を止めてみたけど

今日は7月1日。毎日寒い日が続いているシドニーです。空は晴れて日中はまだ暖かいのですが、日が沈むと一挙に寒さを感じます。古い家に住んでいると、あちらこちらから隙間風が吹いてきますね。

オーストラリアでは会計年度が今日から始まりました。そのために新しいこともいろいろと施行されます。最低賃金で働いている人たちのペナルティーレイト(週末の割まし手当)が10~15%カットになったかと思えば、国会議員の給料は2%も上がりました。ただでさえ高給取りなのに???と思っている人たちも多いです。

大きな動きとしては、オーストラリアの最大級のスーパーマーケットが、無料の買い物袋を廃止しました。これは環境問題が一番の原因のようですが、有料化されたのではなく、プラスチップ製のバッグは全面禁止されることになりました。

オーストラリアのスーパーマーケットと言えば、大手がウールワースとコールズ。そして独立系スーパーチェーンIGAとドイツから来たアルディーがあります。アルディーはもとから無料のバッグを提供していないので問題ありませんが、ウールワースが決定したことを受けて、コールズやIGAもそれに続きました。

オーストラリア最大の小売業者ウールワースが、買い物袋を廃止したのは6月20日。その日はお客さんから嫌がらせをされた店員も多いそうです。廃止を決定したのは上層部で、店員には一切責任はないのですが、チェッカーで働いている人は嫌な思いをしたようです。

そのせいか、ウールワースは7月10日まで、無料で買い物バッグを渡すことになりました。何となくオージーの性格を表しているような気がしませんか?それともコールズが買いもの袋を廃止したので、お客をよぶためにカムバックさせたのでしょうかね。

オーストラリア人も一度「廃止」になったら、それに従うべきですよね。日本やドイツではすでに有料でした。アルディーのように最初から有料にしておけば、皆自分で買い物袋を持っていくのですが、、。

今の所シドニーでは、このスーパーマーケット以外は、買い物袋を使用しています。もしかしてその他の小売店でも、そのうち廃止になるかもしれませんが、そうなったら我が家の「ごみ袋」がなくなってしまいます。

スーパーの買い物袋は廃止

カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中