侍ブルー決勝トーナメント進出@ワールドカップロシア

昨夜はテレビにくぎ付けになった方も多いでしょうね。FIFA決勝トーナメント進出をかけて、対ポーランド戦は勝つか引き分けが期待されていました。その結果は0-1で、試合終了後落胆した方も多いと思います。

オーストラリアのサッカルーズが、決勝トーナメントに進出できなかったので、せめて侍ブルーには進出して欲しいと思っていました。私は途中で寝てしまい、相棒から「駄目だった」と聞くとがっかりしたものですが、今朝のニュースをネットで見て驚きました。何とセネガル対コロンビア戦で、セネガルが負けてくれたおかげで、決勝トーナメントに進出することになりました。

インターネットに書かれている記事を見ていると、日本チームの試合ぶりにブーイングする観戦者もいたり、西野監督の采配に疑問を投げかける投稿もありました。しかし西野監督は侍ブルーの試合をみているだけでなく、セネガル対コロンビア戦の試合状況を見据えながら、試合の采配をしなければなりませんでした。もし負けても、その状況により進出の可能性もあったからです。

常にすべての力をだして、スポーツマンシップにのっとり、正々堂々と戦いあうだけが「試合」ではありません。そこで負けても「決勝進出」することが、本当の意味での「勝負」です。やはり決勝トーナメントに進出することこそ、リーグ戦での勝負です。

私は決勝トーナメント進出を決めた「侍ブルー」の監督と選手たちに120%の声援を送ります。

試合には負けたけど、、 by ABC news

カテゴリー: 日本 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中