マスターシェフオーストラリア2017は「ダイアナ・チェン」

数多いリアルティTVの中でも、私が楽しみに見るのは少ないです。一番よく見るのが、料理好きの人たちが腕を競う『マスターシェフオーストラリア」です。世界各国で放送されていますが、マスターシェフオーストラリアは、視聴率が最も高く成功したシリーズだそうです。

今年もたくさんの応募者のなかから24人が選ばれ、三ヶ月に渡りその腕を競い合いました。ある時はベスト3に選ばれ、オーストラリアのトップシェフと料理と競うこともあれば、ある時はボトム3になり、失格にならないように戦うときもあります。

自分の得意な料理だけでは戦えません。ある時は素材の課題があったり、チームで競うこともあります。前菜、メイン、そしてデザートと何でも料理するだけでなく、今までにない新しい料理を考案する工夫も必要です。ゲストにはオーストラリアのみならず、世界中から有名なシェフたちがゲストとして出演します。

今年のマスターシェフの最終課題は、「梨、おレンジ、グリーンアップル」に見立てたデザートでした。見た目は「本物か?」と見間違うようなフルーツですが、その中身もそれぞれに工夫がされており、簡単に作れるものではありません。その料理時間がなんと6時間!それだけの集中力と体力も必要です。

クイーンズランド州のベンと、マレーシア出身でビクトリア州在住のダイアナの対戦でした。二人ともレシピを見ながら作っていきますが、途中で間違ったり、失敗したり、挫折しながら6時間の戦いを乗り切りました。対戦相手のことも気になりますが、自分との戦いでもありますよね。

最終的にわずか1ポイント差で、マレーシア出身のダイアナが勝利しました。彼女はアカウンタントして働いていますが、賞金の25万ドルを元に、レストランをオープンすることも考えているそうです。

残念ながら優勝は逃しましたが、ベンはデザートが得意でした。お店のマネジャーをしているそうですが、彼も将来カフェをオープンしたいそうです。出演した人のなかには、すでに料理の道に進んだ人もいますが、この番組に出演すれば、人生が変わることは間違いないです。

マスターシェフ2017のダイアナさん

 

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中