北米旅行2016 その127「ダニに噛まれた」

ロサンゼルスの常駐宿は「クニ子さんの宿」ロサンゼルスに長年住む人たちのアパートであり、バックパッカーのための日本人宿でもあります。長年住む人たちは50~70代の男性が多いですが、20代から30代の若者たちも、それぞれの目的のために、ここに長中短期滞在しています。

今回の旅行中も、旅の始まり、カナダから戻って、そして旅の最後に泊まることになりましたが、戻ってくるたびに我が家に戻って来るようです。部屋数が多いアパートの方には滞在したことはありませんが、隣にある二つの家のどちらかにいつも滞在しています。

古い建物ですから、いろいろと問題はありますが、バストイレは共同でも、個室でシングル30ドル前後で泊まれる宿はないですね。ハリウッドにあるバッパーなら4~8人部屋で35~40ドルはします。

今回は前回に泊まった部屋に、また泊まることになりましたが、、、。次の日に起きてみると、何となくあちこちが痒いのです。どうやらダニに噛まれたようです。蚊、ダニ、南京虫など、噛まれるものには弱い私、、、。今回の旅行中に一度も噛まれなかったのに、まさかこの宿で噛まれるとは???

掃除係けんさんに話すと、酢を撒くように言われました。ダニに噛まれたところにも酢、そしてベッドにスプレーすると、ダニが退散していくそうです。何処まで正しいのか分かりませんが、噛まれたのはその晩だけでした。翌日からは何となく眠れましたが、一度噛まれると、結構数日は痒いですね。

ロサンゼルスの風景

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中