北米旅行2016 その123「ティファナからアメリカの国境へ」

今日はメキシコ旅行を終えて、いよいよアメリカに戻る日です。オーストラリアからアメリカに入国したのを含めると、この旅行で3回目の入国審査になります。ティファナ市内の中心地に泊まっていると、国境までは歩いて行けます。遅くなると混雑すると聞いたので、朝早く起きて、7時にはホテルを出ることにしました。

私がガイドをしていた頃は、車で出国する人と、歩いて出国する人のイミグレーションは、ほとんど同じ場所にありました。いつもアメリカからの日帰りツアーだったので、アメリカのビザを見せると、特に入国審査もなくアメリカに側に入国することができました。

しかし2001年の事件以来、アメリカの入国審査はどんどん厳しくなるばかりです。そして一番混雑しているともいわれる、ティファナ=サンイシドロの出入国審査は、ひどいときは2~4時間かかるとも聞いたことがあります。

道順に沿ってイミグレーションまで歩きましたが、そこから更に専用の橋を渡って出国審査へと進みます。この距離が結構長いのですが、それでも朝早かったので、イミグレーションまで比較的早く到着することができました。混雑しているときは、この橋の入り口近くまで列が続くそうです。

途中から列は二つに分かれます。メキシコ側からアメリカ側に通勤している人や、わざわざアメリカの学校で学んでいる生徒、アメリカ側からメキシコ側に働きに来ている人など、特別のパスを持っているようです。その人たちの入国審査の列と、通常の入国審査を受ける人たちの列に分かれます。

この辺りから少し待ちましたが、20分足らずで入国審査を受けることができました。アメリカのビザを持っているので、質問は特にありませんでした。カナダから入国するときよりももっと早かったです。7:45分までには、すべて終わりました。

30年ぶりのメキシコ側からの入国ですが、体験できたのは良かったですよ。イミグレーションは24時間開いていますが、通常2時間ぐらいは見ておいた方が良いかもしれませんよ。念のために「メキシコの出国審査」はありません。

さて私がアメリカに入国したのは、「トランプアメリカ大統領」が誕生する前でした。トランプ氏が大統領に就任すると、国境警備を厳しくして、入国者の規制を始めました。このイミグレーションは2016年7月に完成した、新しい施設ですが、その後変化しているかもしれないので、実際に出入国するときは注意してください。

メキシコからアメリカへ

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中