北米旅行2016 その116「初めてUberを使ってみた」

日本では残念ながら許可されていませんが、アメリカで始まった「自動車配車サービス」をするUberは、今や世界70か国以上で許可されているそうです。タクシー会社からは反対の声が上がっていますが、このシドニーでもUberは一般市民の人がお酒を飲んだときとか、コンサートの帰りなどに利用しています。

私自身は自分で車を運転するので、ほとんど利用したことがありません。お酒を飲むときも「飲酒運転」にならないように注意して、飲んだ後はお酒を覚めしてからでないと運転しないようにしています。今の所飲酒運転で捕まったことはありませんが、Uberを使うほど飲みに行く機会もないですね。

チワワでは空港までの路面バスがシャトルバスが見つからないので、タクシーで行く予定でした。観光局で空港までの料金を聞いたら、「分からないけど200~300ペソ」ぐらいと言われました。決して高い値段ではありませんが、メキシコ旅行でもなるべくローカルの交通手段を利用していました。

停まっているタクシーの運転手に値段を確認したら、だいたい200ペソぐらいと言われました。US10ドルちょっとなら、シドニーでは空港への電車代より安いですよ。荷物もあるので宿まできてくれたら嬉しいと思っていたら、宿のオーナーが「Uberを使ったらもっと安いよ」と言われました。

出発前から呼んでくれるように頼んでおいたのに、結局忘れていたようで、部屋をチェックアウトしてから、慌てて呼んでくれました。と言っても彼は所要で出かけていたので、ヘルパーの方の携帯電話でオーナーを呼んでもらって、オーナーの携帯でUberを予約してもらいました。だってこちらはスペイン語離せませんからね。

実際にどうやってUberを予約するのか分かりませんが、チワワの街から空港まで130ペソぐらいでした。ドライバーはスマートフォンに行き先を入力して、ナビゲートの案内に従って走ります。そうすると「いくら」と現地の料金で出ます。タクシーと同じように走行距離によって値段が異なるようです。

ドライバーへのチップも含めて150ペソ払いましたが、タクシーよりはやや安いようです。ただしドライバーが安全かどうか?運転が大丈夫かどうかなど、やはり心配なことはありますよね。それでも初めてのUber体験がチワワとは?きっと一生忘れないでしょう。

Uberの車窓から

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中