北米旅行2016 その115「死者の日 カトリーナコンテスト@チワワ」

チワワで空港への行き方を訪ねたかったので、チワワ州政府庁舎内にある「観光局」を訪ねてみました。週末が「死者の日」の祭りがおこなわれていましたが、チワワ太平洋鉄道にのっていたせいか、どの街でもそのお祭りとはほどんど関係ありませんでした。先住民たちはお祝いしないのでしょうか?すでにメインのお祭りは終わっていて、祭壇の飾りつけなども、その日が取り除く日になっていました。

しかし州政府庁舎の建物のロビーには、顔に骸骨のペイントをした娘さんたちがたくさん集まっていました。ここでは「カトリーナコンテスト」のようなものが開催されていました。カトリーナはドレスアップした骸骨の名前。死者の日近くになると、街のあちらこちらに出没します。「ミスカトリーナ」でもきめるのでしょうか?

マイケルジャクソンが「スリラー」を歌っていたころ、ハロウィーンになると骸骨に扮する人も多かったですが、死者の日の骸骨は豪華、そしてとっても可愛くて愛嬌があるのがよいですね。娘さんたちは嬉しそうに、そして楽しんで写真を取り合っていました。私もお願いして写真を撮らせてもらいましたが、こんな骸骨ならそばにいても怖いないですね。

この州政府庁舎は、イエスズ神学校の跡地に建てられた建造物です。「メキシコ独立の父」と言われるイダルゴは、神学の勉強をしましたが、その後独立を指導するようになりました。その彼が捕らえられ処刑されたのが「チワワ」です。この庁舎内にはイダルゴの銅像と、彼のために捧げられた祭壇もあります。

何人かの観光客が、スペイン語の案内を聞いていましたが、骸骨の娘さんたちと、イダルゴのちょっと怖い銅像と、何となくアンバランスなのがおかしくもありました。その娘さん達には、イダルゴもただのおじさんかもしれませんえ。

カトリーナがいっぱい!!

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中