北米旅行2016 その109「チワワ太平洋鉄道にのって」

ロスモチスの駅で列車の件を購入しましたが、問題になく購入することができました。私たちは安いのでエコノミークラスに乗ります。エコノミークラスには観光客だけでなく、地元の人たちも乗っていました。今回は全線乗るのではなく、コッパーキャニオン観光地の中心地、クリールで泊まることにしました。

エコノミークラスには指定席はありません。列車に乗るときに乗車券と身分証明書を見せました。車掌がそこで座席番号をくれます。私たちの席があまり良くなかったので、別の席に変えてもらいました。外が真っ暗なのでしばらくは観光になりませんが、少しづつ夜が明けていくのを見るのもきれいでした。

車窓から見た景色

2時間ほど走ると最初の駅「エルフェルテ」に到着します。メキシコ観光局によって、魔法のように魅惑的な場所「プエブロマヒコ」に指定されていますが、日本ではあまり紹介されていません。数年前まではドラッグカーテルの本拠地として治安も悪く、旅行者は近づかなかったようです。ここから鉄道に乗る人もいるようです。

ここを過ぎると今までの平地から、川沿い、渓谷、山間、湖とどんどん景色が変わっていきます。全線を走ると86のトンネルを通過しますが、それぞれのトンネルに番号がふってあるので、現在どこにいるかよくわかります。だんだん景色も良くなってきましたが、展望車はないので、列車の一番後ろにいって写真を撮ります。

 

駅に着くたびに物売りの人たちが来ますが、東南アジアのように中までは乗り込んできません。スナックを売っていましたが、食べたくなるようなものもないので、昨晩見つけたベーカリーで、パンを買っておいて正解でした。食べ物があればそれだけで安心ですよね。

ポサダバラランカスミラドール

ポサダバランカスは、駅に到着しても何もありませんが、駅の近くには断崖絶壁の上に建てられたホテルがあります。ホテルミラドールは、コッパーキャニオンの素晴らしい景色を眺めることができますが、お値段は私たちの予算よりはるかたに高いです。とても2泊なんてできませんよ。

 

広告
カテゴリー: アラスカ, 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中