北米旅行2016 その101「クルーズ船が立ち寄るマサトラン」

メキシコはアメリカより南にあるので、海に近いところはリゾートして発展してきました。私が小さいころはアカプルコが一番有名でしたが、今その名前すら聞かない程にすたれてしまったようです。1990年代ごろからは、カリブ海のカンクンが、そして現在はカルフォルニアに近いこともあり、バハカルフォルニアがリゾートとして人気があります。

アメリカ周辺のクルーズと言えば、やはりカリブ海クルーズが有名ですが、最近はバハカルフォルニアやメキシコリビエラクルーズにも人気が集まっていますね。今回リゾートに行く気はしませんでしたが、次の目的地を考えて、マサトランに行くことにしました。せっかくここまで来たからには、リゾートを楽しんでみるのも良いでしょう。

マサトランは人口40万人ほどの都市ですが、バハカルフォルニアにあるラパスからフェリーが就航しており、メキシコクルーズの寄港地としても知られています。北米が冬になると、リゾート地として訪れる人も増えるようです。

海岸線沿いにはたくさんのホテルがあり、ビーチを歩いていると、物売りの人たちがやってきました。しかしオーストラリアやハワイのようなリゾートのように垢抜けはしていませんでしたね。どちらかというと東南アジアのリゾートにいるような雰囲気です。

街の中のギフトショップやレストランもありますが、あまりこれはというお店はありませんでした。たまたまシーズンオフということもあり、ホテルも手ごろな値段で滞在することができましたが、これがシーズンになるとかなり高くなるようです。あまり何日も滞在したい街ではありませんでしたが、数日なら気分転換にも良いかもしれません。

メキシコのリゾート‘‘マサトラン’’

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中