北米旅行2016 その92「プエブラ生まれのソース‘‘モーレ’’」

プエブラの街を歩いていいると、観光地だからかもしれませんが、おしゃれなカフェとレストランがたくさんありました。ヨーロッパの何処かの街を歩いているようで、ちょっと懐かしくもなりましたが、本当に歩きやすかったですね。これなら長期で滞在したいとも思いました。

しかし私にとって一番問題になるのが「食事」、自分で作るなら長期で旅行もできますが、メキシコ料理だけで暮らせと言われると、ちょっと無理なようです。それでもここの日本食のレベルは低く、まずい日本食を食べるなら地元の料理を食べた方が良いです。

地元で焼いた鍋で料理しています

メキシコ料理は無形文化遺産に登録されています。このプエブラが発祥の地と言われているのに、チョコレートソース「モーレ」があります。私は肉を食べないので試食する機会がありませんでしたが、友人はバスターミナルの近くにあった食堂街で、昼食の時に食べていました。

モーレはメキシコ料理でソース一般をさすようですが、プエブラはチョコレートソースが有名です。特にお祭りのときに使用されるそうですが、私たちが行った頃は「死者の日」を控えて、プエブラもお祭りムードに包まれていました。

チョコレート発祥の地と言われる「メキシコ」昔は金と同じような高価な物として取引されていました。後日ティワナで「本物のココア」を買いましたが、ちょっと甘いチョコレートソース、プエブラに来たら試してみてください。

チョコレートソースを味見しませんか

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中