北米旅行2016 その91「プエブラのバスターミナル」

メキシコでの国内移動は、ほとんど長距離バスを利用しました。それはひとえに値段が安いこともありますが、メキシコには列車がないという事情もあります。飛行機での移動も可能ですが、10時間以内ならバスで移動した方が楽です。

長距離バスを利用する分かりにくいのがバスターミナルです。大きなバス会社を利用すると、街の大きなバスターミナルに到着するようですが、小さなバス会社を利用すると、とんでもない町はずれに到着することもあります。

もしインターネットだけに頼っていたら、そんな情報も分かりにくいですが、今回は念のためにロンリープレネットのメキシコのガイドブックも持参しました。私の友人がガイドブックを読む係、私がインターネットで確認する係でした。ひとりで予約などの旅行計画を立てるのは、結構体力と時間を費やします。

メキシコシティーからプエブラまで乗ったテオティワカンバスは、あまりメージャーではないので、街のはずれにある小さなターミナルに到着しました。市内中心地に向かう時は、「セントロ」と尋ねれるので問題ありませんが、バスターミナルに向かう時が分かりにくいです。

CAPU (La Terminal Central de Autobuses Puebla) というのが、プエブラの大きなバスターミナルになります。もちろん私たちが乗ってきたバスのターミナルとは異なります。地元の人に尋ねたくても言葉が通じないし、探してもなかなか分かりにくかったですが、ロンリープラネットを読むと、もうひとつのバスターミナルがあると書いてありました。

CAPUから歩いても10分とかかりませんでしたが、こちらはCAP(Central de Autobuses Puebla) という名前です。よく似ているので分かりにくいですよね。PCはあってのWi-Fiがないと使えないので、本当に必要な時に使えない時もあります。

今度からはオフラインで使える地図をダウンロードしておくべきですが、人込みで高いPCを出す気力もないし、ひとり旅だったらこういう時は挫折していたかもしれません。

CPA プエブラのバスターミナル

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中