北米旅行2016 その90「プエブラの街を歩くと、、、」

今回メキシコ旅行では、5つ以上の街を訪問しましたが、一番歩きやすく旅行しやすかったのが「プエブラ」です。人口は150万とメキシコで4番目に大きな街だそうですが、歴史地区は歩いて回れるほどこじんまりしていました。

プエブラ州の州都で正式名称は「エロイカ・プエブラ・デ・サラゴサ}です。 1862年5月5日サラゴサ将軍が指揮したメキシコ軍が、プエブラでの会戦でフランス軍に打ち克ったことから、その名がつけられました。5月5日「シンコ・デ・マヨ」の祭日ですが、プエブラ戦勝日にちなんでいます。

プエブラの歴史地区は碁盤の目のようにに作られているので、市内を歩いていても分かりやすいです。古い町並みには、特産の陶器、タラベラ焼きのタイルをふんだんに使い装飾された美しい建造物が多く見られます。

観光地のせいかホテルも多いですが、カフェが多いのには驚きました。それもスターバックなどのコーヒーチェンは少なく、個人経営のカフェが多かったですね。私たちが行ったカフェは、アメリカでも見られるようなモダンなカフェで、Wi-Fiも無料で利用することができました。

街を歩いていたら、ツーリストポリスが警備をしていました。全員が英語が話せるどうかは分かりませんが、海外からの旅行者も多いので、多分話せることを願っています。私が話しかけた人は問題なく通じました。治安が悪いと言われるメキシコですが、ここは何処も安心して歩けました。(ただし市内の中心地に泊まらなかったので、夜の街は歩いていませんが、、、)

お土産を売っているマーケットも多かったけど、レストランも多いので、食事には困らないようです。私の友人が興味半分で「日本食を食べてみよう」と言ったので、試しに教会裏のレストランに入りましたが、メキシコで日本食はあまり食べない方が良いですよ。

メキシコシティーからバスで2~3時間、日帰りではちょっときついけど、小旅行すには良いところです。人でごった返すメキシコシティーを離れて、週末旅行に来る人も多いようです。

 

プエブラのマーケット

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中