北米旅行2016 その88「プエブラの202ホステル」

今回のメキシコ旅行では、基本すべての街で到着前にホテルを予約しました。メキシコはアメリカに比べて物価が安いので、1泊30アメリカドル前後(500ペソ)ぐらいを目標にしていました。街の中心地で朝食付きならベストですが、二人で旅行しているので、シャワーとかは共同でも、ドミトリーは避けることにしました。

プエブラでは観光地なのでホテルがたくさんありますが、その分値段もメキシコシティーより少し高かったですね。仕方ないので中心地にあるホステルを予約しました。予約した時にサイトで地図を確認しますが、実際に行ってみると見つからないこともあります。

202ホステルは住所の番号ではなく、実はマンションの一室(202号)でした。看板もでていないので、住所を確認した後、マンションの一室202号室の押してみると、まだ若い20ぐらいの男性が顔を出したので、「ここが202ホステルか」と確認して中に入りました。

Air bnbのお陰で素人でも民泊が経営できるようになりましたが、ここもオーナーがマンションを購入して、ホステルをオープンしたばかりのようです。一応管理人として若い男性を雇っていますが、部屋の中は大工さんが入っていて改築中でした。

予約を確認すると、「個室は前日までの人がまだ泊まっているから、今日はドミトリーに泊まってくれ」というのです。予約確認してあると言っても、「仕方ないだろ」とか「ちゃんとメールで連絡しただろ」とか(ホステルからメールは来ていません。)何と酷い態度なんです。

さらに文句を言うと、「出て行け」とか「警察を呼ぶ」とか言って、逆切れ状態でした。お客さんに対していう言葉じゃないですよね。こんな奴の所に泊まりたいとも思いませんが、こんなホステルを紹介するサイト(ホテル予約サイト)にも文句を言いたくなります。

皆さんプエブロに行っても、絶対に「ホステル202」には泊まらないでくださいね。

プエブラの202ホステル

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中