北米旅行2016 その71「とっても不思議な化石の森国立公園」

ナバホ国家の首都ウィンドウロックを観光した後は、また3時間以上かけてフラッグスタッフに戻ります。同じ街に泊まりますが、昨晩のモーテルがあまり良くなかったので、別のモーテルを予約してあります。今日は急ぐことはありません。

同じ道を帰るのも癪だけど、高速だけは知っていてもつまらないですね。ウィンドウロックだけの観光だけでは物足りないので、途中にあった「化石の森国立公園」に立ち寄ることにしました。

英語で書いてあったので、最初どんな森の国立公園か思い出せませんでした。しかしあるときブログで読んだ記事を思い出しました。そこには木が化石になって、宝石のようにキラキラ輝く写真が掲載されていました。

化石の森国立公園は、インターステート40号線を挟んで、大きく2つの部分から成り立っています。車でしかこれませんが、一周するとちょうど良いですね。と言っても広大な公園なので、全部の場所で降りて観光していると、時間はかなりかかります。

入り口で車1台に付き20ドルの入場料を払います。私たちは北の部分を先に見ましたが、カラフルな岩で作られたペインテッドデザートは、夕日を浴びて更に鮮やかな色に輝いていました。

南の部分には化石化した樹木が見られますが、これがとてもキラキラ輝いて別世界にいるようです。宝石にはあまり興味ない私ですが、この化石で作られた宝石なら、ネックレスやブレスレットにしてつけてみたいです。残念ながら国立公園からは「何も持ち出せません」もし見つかると多額の罰金が課せられますが、どんなダイヤモンドも、この輝きにはかなわないかもしれません。

先住民の遺跡や絵文字があったりして、観光場所によって、いろんな風景が見られる化石の森国立公園は、かなり楽しむことができました。グランドサークルを何回も旅行していますが、やはり新しいところを観光すると、新しい感動があります。

化石になった木@化石の森国立公園

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中