北米旅行2016 その68「ナバホ国家は何処ですか?」

国道沿いからモニュメントバレーを観光した私たちは、その日グランドキャニオンには行かず、ナバホ国家へ行くことにしました。しかしその首都が何処にあるのか、はっきりと覚えていませんでした。

インターネットが通じれば、どこかでチェックすることもできますが、アリゾナ州の砂漠のど真ん中では、インターネットも通じません。大きな街に行けば、マクドナルドでインターネットで調べるか、ガソリンスタンドで給油をする際に、地元に尋ねれるので、特に心配はしていませんでした。

Kayentaは国道のジャンクションにありましたが、比較的大きな街でした。ここで先住民(インディアン)みたいな人がいたので、「ナバホ国家の首都をご存じですか?」と尋ねると、「Chinle」と言われました。あのナバホ族のカップルが行ったのとは違っていましたが、まさか先住民が間違えるわけないですよね。

Kayenta からChinleまで約70マイル(112km)時間にして、1時間15分ほどかかりました。到着してみると、工業地帯や図書館、歴史博物館や小さな動物園はありました。しかし、何となく雰囲気がことなります。

観光案内所もないので、モーテルに入って尋ねてみると、「ナバホ国家の首都じゃない」と言われました。「1時間以上もかけて来たのに、ここじゃないというの?」

すでに夕方になっていたので、モーテルで値段を尋ねると、対して良いモーテルでもないのに、「130ドル」と言われました。こんな大したことのない街で泊まる気にもなれません。その街を離れてkayentaに戻ることにしました。しかし1時間かけて到着したKayentaにも、さらに1時間ほど走ったTuba Cityにも手ごろな料金のモーテルはありませんでした。

ナバホ国家を探して行ったのに、目的地は探せなくてがっかりしているのに、手ごろなモーテルがないと、さらに鞭を打たれているようです。前日が車中泊していたので、すでに体も心も疲れ切ってボロボロでした。

「こうなったら、私の知っているフラッグスタッフに行くしかない。!!あそこならモーテルがたくさんあるから、、、」私は何とChinleから約400kmも走って、フラッグスタッフのモーテルに泊まることになりました。

何もなかったナバホ国家のチンル

何もなかったナバホ国家のチンル

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中