北米旅行2016 その66「メキシカンハットで休憩して、、」

モキダグウェイとバレーオブザゴッドを通り抜け観光した私たちは、メキシカンハットで目指しました。ソンブレロで有名なメキシコの帽子に似たこの岩は、国道163号線沿いにあります。幅が18m、厚さが4m近くあるそうですが、こんな大きな岩がバランスよく残っているのも不思議です。

日本ならこの岩だけで観光客が集まるかもしれません。しかしこの周りには見どころがいっぱいあります。モニュメントバレーからも近いので、「ちょっと変わった形の岩」として、通り抜ける人も多いですね。

人口もわずか30人ちょっとしかいない、モーテルとレストランだけで成り立っている集落は、私が初めて来たときからあまり変わっていません。それでも交通の要点に近いので、ここで休憩やガソリン給油、食事や泊まる人もいます。

私たちはちょっと遅めの食事にしました。これと言って特別メニューはありませんが、お腹が減っては戦にもなりません。次の街「モニュメントバレー」に行っても、あまり変わらないメニューだと思います。

今日何処に泊まるかも決めていません。ラスベガスまで行ける距離ですが、グランドキャニオンに行くか、ナバホ国家を目指すか?を決めなかければなりません。グランドキャニオンはもちろん見るに値しますが、私は何度も行ったことがあるので、友人に選択を任せることにしました。

友人はリッチフィールドで会ったご夫妻の言葉「ナバホ国家を訪ねてください」が、頭から抜けなかったようです。グランドキャニオンは観光客でいっぱいなので、それより観光客が少ないアメリカを見たいというので、「ナバホ国家」に行くことにしました。

メキシカンハット

メキシカンハット

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中