北米旅行2016 その60「勇敢な馬を讃えて@デッドホースポイント」

もない平原にあります。たぶんこの先に何があるか知らない人は、「何でこんなところでお金取るの?」と思いたくなるような平凡な景色です。お金を払って先に進むとインフォメーションセンターが、さらにそこから狭くなった部分を通ると、デッドホースポイントの駐車場があります。最初来た頃はこれほど整備されていませんでした。アメリカに住んでいる人以外の観光客は少なく、アジア人もあまり見かけませんでしたが、最近は海外から来たなと思われる観光客も増えていました。

ここの見どころは、コロラド川がほどんど360度流れを変える景色です。もちろんグランドキャニオンの上流にあたるので、川が浸食した雄大な渓谷も見られます。高所恐怖症の私には耐えられない景色ですが、足をすくませながらでも見たくなる景色でした。遊歩道があり歩きやすくなりましたが、それでも自然のまま、岩がゴロゴロしています。

なんとそこで足をくじいてしまいました。とんだ失敗!!捻挫や骨折は心配ないようですが、ここは大事をとってあまり動かないようにしました。近くで見ていた大学生たち(ハイキングクラブのような)が心配してくれました。でも大丈夫何とかゆっくりとあるけそうです。友人は周りの景色に夢中になって「無視」していました。

もともとインディアンたちが、野生の馬を捕獲するために、この細くなった崖の先端に馬たちを追いつめたそうです。しかし馬の中にはのどの渇きを我慢しきれなかったり、人間に捕まるのを拒んだのもいました。その馬たちは300mもある崖を駆け下りたそうですが、ほどんど直角のこの崖では、まだ助かることはなかったようです。そこから「デッドホースポイント」と名前がつけられました。

このような景色はいくつかありますが、是非お出かけください。グランドキャニオンだけじゃない、コロラド川の雄大な景色をみることができます。州道313号線を左に折れずにそのまままっすぐ行けば、キャニオンランド国立公園に通じています。私はまだ行ったことがないけど、きっと素晴らしい景色が広がっていることでしょう。

デッドホースポイント

デッドホースポイント

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中