北米旅行2016 その59「I-70(国道70号線)を東へ」

グランドサークルは何処を見るかによってルートも変わってきます。ユタ州とアリゾナ州の州境には、たくさんの国立公園や国定公園、そして州立公園などがあり、何処を見るかで何日必要かも変わってきます。ラスベガスから1週間の予定なので、その先を急がなければならないことも多いです。

私がアメリカで好きな場所は、グランドキャニオンよりもモニュメントバレーやアーチズ国立公園です。せっかくアメリカに来たなら、この二つだけは見逃せませんでした。アーチズ国立公園、キャニオンランド国立公園、そしてナチュラルブリッジ国立公園の拠点となるのがモアブです。そこに向かって車を走らせることにしました。

前日に泊ったリッチフィールドは国道沿いにあるので簡単に入れますが、もちろんガソリンを入れておくことは忘れません。この国道は1986年初めてアメリカドライブ旅行した時も通ったルートです。あの時は「ユタ州と言えばモルモン教徒が多い」というぐらいしか知らなくて来たものの、あまりにもすばらしい景色が多くてびっくりしました。

今回改めて走ってみると、国道沿いにもすばらしい景色が広がっています。グランドキャニオンと同じような景色もあって醍醐味があります。国立公園に指定されても良いような雄大な景色もあるけど、この周辺にはすごい景色がありすぎるので、ただの展望台からの景色で終わってしまいます。

私の友人はまだグランドキャニオンもアーチズ国立公園も見たことがないので、良い景色があると停まってと頼みました。それに全部答えていると、たとえハイウェイを走っていても時間が足りなくなります。リッチフィールドから州道191号線との交差点までも250kmはあります。そのうちの最初の一部はルート89号線にもなっています。

国道を降りて舗装もされていないような道を走れば、いろんな景色が楽しめるのでしょうが、そんな時間もないので、とりあえず国道からすぐに入れるビューポイントだけ行きます。それでもたくさん景色を見た私でさえ、驚くような景色が待っていました。

そのひとつが「サンラファエルスウェルビューエリア}でした。このあたりはグリーンリバーによって削られた渓谷を探検する「キャニオニング」が有名です。普段は水が流れていない渓谷もあるので、いろんな形のキャニオニングが楽しめますが、ちょっと雨がふると鉄砲流にもなりやすいですね。

いつか本当に時間があったら、ハイキング、ラフティングと大自然を楽しみたいですが、それまで体が持つかしら?若者ほど冒険はできないけど、できる限り大自然に触れたいです。

サンラファエルスウェル

サンラファエルスウェル

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中