北米旅行2016 その52『宇宙人に会える街レイチェル』

宇宙人を実際に見たことはありませんが、宇宙船かもしれない『未確認物体』は、はるか彼方に見たことあります。もちろん確認する手段がないので、心の中でそう信じている私です。宇宙人や宇宙船に必ず会えるとは言えませんが、その可能性がある場所があります。

アメリカネバダ州は、原爆の実験地などもありますが、『エリア51』と呼ばれている、特別の空軍基地があります。ここには捕獲された宇宙人や宇宙船が保存されているといううわさもあります。ハイウッド映画にも出てくる『エリア51』が何処にあるのかも知りませんでした。

『エリア51』があるのはネバダ州南部です。ほぼアリゾナ州やユタ州にも近い場所です。『エリア51』の近くには、レイチェルという人口わずか60人足らずの街があります。この小さな街を有名にしたのは、『エリア51』だけではなく、この周辺で『宇宙船を見た』と報告する人がたくさんいます。

そこに通じる道が州道375号線です。宇宙人に興味ある人や、宇宙船マニアが世界中から集まるようになりました。そしてこの州道は、1996年正式に『Extraterrestrial Highway』と名付けられました。私たちが車中泊した所がその入り口、そこから少し行くと大きな宇宙人の像がありました。宇宙人に関するリサーチセンターですが、まだ朝早かったので入場しませんでした。

そこから約40マイル走るとレイチェルです。。ここまでは民家なんてほとんどない砂漠の道、一応舗装はされていますが、『もしタイヤがパンクしたらどうしよう』と思うほど、車もあまり通りませんでした。もし夜に来たら宇宙船が見えたかもしれませんね。

レイチェルにはマニアの間で人気のある『リトルエイリアンイン』があります。せっかくここまで来たので、ここで朝食を食べることにしました。モーテルなので前日から宿泊している人たちも、少しづつ朝食にやってきました。泊まるほどはないでしょうが、このモーテル以外数件だけあるのみの街です。

レストランの壁には宇宙船、宇宙人、そしてエリア51に関する写真や資料が貼ってあります。またTシャツや宇宙人の人形など、ここでしか買えないお土産もありました。ここにはバーもあり、地元の人たちの溜まり場にもなっているようですが、バーの上にはアメリカ1ドル札が飾ってありました。旅行者が自分の名前を記入して、記念に置き土産にしているようです。

さあ腹ごしらえをしたら、いよいよエリア51に向けて出発します。無事にたどり着けるか?ゲートの写真は撮れるか?もしかして、もしかして、宇宙人や宇宙船に遭遇できるか楽しみで〜す。

宇宙人も泊まりにくるモーテルです。

宇宙人も泊まりにくるモーテルです。

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中