北米旅行2016 その48『ラスベガスへ5時間の旅』

私がロサンゼルスには住んでいることは『カジノをしに通った道』。ラスベガスに住むようになってからは『故郷に戻る道』。そしてラスベガスを離れてからは『友達に会いに行く道』、これまでに何度この道を往復しただろう。一度も飛行機で通ったことのない道。自動車なら5時間ほど、バスなら休憩も入れて6時間ぐらいのこの距離、この10年間で最低8回以上は往復しています。

さてそのラスベガスに2年ぶりに、友人と行くことになりました。私だけなら宿代を浮かせる為に夜行便を利用しますが、『ラスベガスまでの何もない景色が見たい』というので、昼間行くことにしました。という私も前回も友人と一緒だったので昼間に移動していますが、あの何にもない景色が大好き。自分でドライブはしばらくしていませんが、運転しやすい道だと思います。

今回も利用したのはMega Bus。このバス会社の安いチケットが買えるから、ラスベガスに行くのかもしれません。5〜10ドルで買えたら、宿代が浮かせるだけでなく、一人旅の暇つぶしもできますからね。それにアラスカで知り合った友人たちも住んでいます。

ラスベガス行きのメガバス

ラスベガス行きのメガバス

 

今回も2回席の前列から2番目の席を予約。一番前を予約すると、本来のラスベガスまでの運賃よりも予約料の方が高い。もし一番前が空いていたら座れるし、、、。とりあえず2番目を予約しておきます。ロサンゼルスのユニオンステーションでチェックインをすると、ほぼ満席で出発しました。(残念ながら一番前にお客が来ました。)

1時間ほどはロサンゼルスの周辺を走っていますが、サンベルナンディーノを越えて山が見え始めたら、いよいよ砂漠の中へと入っていきます。カナダの景色も雄大だけど、ロサンゼルス郊外の何もない景色(カナダは農地などが広がっています)、まさに草だけが生えた砂漠の景色に感動していたようです。

ラスベガスまでのハイウェイ

ラスベガスまでのハイウェイ

まるでこの世界から色がなくなったようです。白黒ではないけど、見えるものは赤茶焦げた砂漠のみ、、。それにまるで枯れかかったような植物のみ。たとえ秋でも緑が多かったバンクーバーとは雲泥の差。まるで廃墟のような世界が広がっていきます。

バストーで30分ほど昼食休憩でしたが、グレイハウンドが停まるところとは異なります。有名な列車を利用したレストランが見れません。普通のガソリンスタンド(トラックストップ)でしたが、友達はその大きさにびっくりしていました。

そして突然ジェットコースターとアウトレットが見えてきたら、ネバタとの州境です。最初のカジノの街『プリム』があります。こちらの方がラスベガスより少しだけ安いけど、わざわざ泊まりたいとは思いません。だって日曜から木曜日なら、ラスベガスにも安宿たくさんありますからね。

そこから30分ほどでいよいよラスベガス。テレビでは見ていたけど、砂漠のど真ん中に作られたカジノに街に驚いていました。これが夕方に入ると『もっと感動する』のでしょうが、バスの移動ならやはり早めが良いです。ラスベガスのターミナルから、ホテルまで2時間近くかかってしまいました。

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中