北米旅行2016 その46「喧嘩は売られなくても、買うわよ@Mega Bus」

私は喧嘩が好きなわけではありませんが、理不尽な人、道理に合っていない人、間違っている人、そして明らかに人を馬鹿にしている人は「好き」ではありません。もしこんな人がいたら、暴力沙汰にならない限り、口でならたとえ英語だろうが、しゃべれない言葉だろうが、堂々と相手に自分の意見を貫きます。

いつもは小さな荷物(大体10キロぐらい)で旅行しますが、今回は長期間、それも夏から冬への旅行なので、大きな荷物になってしまいました。Mega Busがバス停に来て、荷物を預けようとしたときに、ちょっとしたトラブルがありました。

担当していた「女装をした黒人のおかまのお兄ちゃん」に文句を言われました。(すいません、あんまり頭に来たので、軽蔑した言い方です。ギスギスの女装をしていても、100%おおかまとわかります。)バスに荷物を入れるのは別の係員で、男装のまともな黒人のお兄さんでした。

「あんた、荷物が大きすぎるわよ。預かれないわ!」とおかま。「えっ!50ポンド(約23kg)までは預かれるでしょう。航空会社で50ポンド以下だったから、大丈夫よ。」と私が言うと、「航空会社とバス会社じゃ、計量の仕方が違うよの。」とまさに馬鹿にした言い方でおかまが返答。

「あんた馬鹿じゃないの?50ポンドは、何処で量っても50ポンドなんだよ。」と怒鳴り返す私。おかまは如何にも嫌味たっらしく、計量器で荷物を吊り下げます。「ピンポ~ン!!」とベルが鳴らない代わりに、私が言います。おかまは如何にも悔しそうな顔をして、小さな荷物を持った乗客を指さしながら、「あんたも、あんな小さな荷物で旅行しな!」と捨て台詞を吐きました。

私の捨て台詞聞きたいですか?負けませんよ!!「あんたも悔しかったら、長期の海外旅行してみな。オーストラリアで待ってるぜ。」と言いたかったけど、こんな馬鹿を相手に、自分のプライドをもうこれ以上下げたくないので、無視してバスの中に消えていきました。

翌日ロサンゼルスに到着して出てくる荷物を見ると、あるわあるわ、私の荷物より大きな荷物がゴロゴロ。あのおかま、皆が荷物を預けるたびに文句を言っていたのかな?それとも私で懲りて何も言わなかったかな?

言ったら忘れる、書いたら忘れる。ごめんなさ「おかま」は差別用語ですよね。あのメガバスのお兄ちゃんへの反感から書きました。

この荷物大きすぎますか?

この荷物大きすぎますか?

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中