北米旅行2016 その37「ガスタウンで乾杯」

ダウンタウンの飲茶レストランでランチを取った後は、最後の買い物の時間でした。ダウンタウンにある巨泉のお店「OKギフトショップ」なんて行きませんよ。だって日本人ばかりですからね。バンフで自由行動したときに行った方もいるかもしれませんが、ローカルのギフトショップに行きたいと思います。

ローカルのギフトショップが多いのは、観光客が集まる「ギャスタウン」ですね。ここには「バンクーバーの発祥地」とも言われています。ギャスタウンは当初、バンクーバーのダウンタウン中心部として栄えました。イギリス人水兵の蒸気船船長で、1867年に初めて、この地域に酒場を開いた”ギャシー”・ジャック・デイトン の名前に由来します。

蒸気時計と私

蒸気時計と私

ギャスタウンで最も有名なランドマークは、キャンビー通りとウォーター通りの角に位置する蒸気時計です。ここで待ち合わせをする恋人は少ないようですが、15分おきに「ぷーっ」と、水蒸気が音を出します。蒸気機関車のホーンに似ていますね。ここで1時間ほど買い物の時間を取りましたが、私はまだ旅行が続くので、買い物をする気はしません。

バンクーバーの友達と上記時計の前で待ち合わせしました。本当は一緒にランチを取りたかったけど、その日は用事があるというので、そのあとで会うことになりました。彼女もお酒が好きなので、皆でパブに行くことにしました。パブは英国圏の文化です。バンクーバー市内にもたくさんパブがありますが、オーストラリアに比べると少ないかな?先日わざわざ来てもらったのに、会えなかったのでそのお詫びです。

皆さんもやっと会えたと大喜び。現地に住んでいる人と話すのは、旅行者として結構楽しいものです。ビールをジャグで頼んで、おつまみにピザなどを注文します。確かさっき食べたばかりだよね。いったいどれだけお腹の中に入るのやら??

実はこのパブ、私がバンフに行く前に泊まったホステルにありました。昼間なので音楽などはありませんが、夜は音楽ガンガン、全く眠れませんでした。ギャスタウンにはまだ昔の面影を残す、英国風のパブがいくつかありますよ。

バンクーバーのパブにて

バンクーバーのパブにて

 

 

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中