私の好きだったジョージ・マイケルが死んじゃった!!

今日はシドニーではボクシングデーでした。デパードやショッピングセンターは一年で『最大のバーゲン』、世界的に有名な『シドニー〜ホバートヨットレース』など、とても大きなイベントが目白押しの日でした。

どちらも私にはあまり関係ありませんが、今日は久しぶりにブルーマウンテンに行き、ブッシュウォーキングを楽しんできました。(そのお話はまた別の日に、、、)そして家に戻ってくると、飛び込んできたニュースにびっくりしてしました。

私の好きだったアーティストのひとり、ジョージー・マイケルがわずか53歳で亡くなったというニュースが飛び込んできました。1980年代にワムとして活躍した後、ソロシンガーとしてヒット曲を次から次へと出しましたが、それらの楽曲は若い女性のハートを包みました。彼がゲイとカミングアウトした時には『え〜っ!もったいない』と思ったものですが、彼の歌はいつも私の心を慰めてくれました。

1984年の冬、私はオーストラリアでワーホリを終え、カナダに戻ってガイドの仕事した後、日本に戻って添乗員の資格を摂るために勉強していました。久しぶりに日本でしたが、その冬のヒット曲に『ラストクリスマス』がありました。それから私のクリスマス定番の曲になりました。

オーストラリアのクリスマスは夏のために、あまりこの曲はかかりません。だってイメージがことなりますからね、それでも私には思い出の曲です。昨日だって聞いたばかりだったのに、、。その思い出のクリスマスの日に(英国時間で)彼が亡くなってしまったなんて、、。

最近歌手が亡くなると『ドラッグの取りすぎか?』と話題になります。確かに彼も大麻などで捕まったことがあるので、取りすぎでないと良いのですが、『安らかに亡くなった』という話なので、そうでないことを願っています。

最近気に入っている曲の中に、アダム・ランバートの『ゴーストタウン』があります。この曲も私の哀愁をそそる曲なのですが、彼の歌を聞くたびに最近あまり聞かなくなったジョージ・マイケルを思い出していました。今日も『ゴーストタウン』を聞いて、ジョージ・マイケルを思い出したばかりだったのです。

アダムもカミングアウトしましたが、ゲイの危険な魅力が気になります。ちょっと似ているでしょう。ワムの時代はあまり似ていないけど、ソロになってカミングアウトしてからのジョージと雰囲気が似ているのです。今日はどっちの曲を聞こうかな?

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中