北米旅行2016 その24『ジャスパーからバンクーバーへ』

私たちがジャスパーに戻ったのは13時を過ぎていました。車を返してジャスパー駅に到着して、すぐに『VIA鉄道カナディアン号』は到着しました。すでに大きな荷物は預けていたので身軽ですが、私は寝台車に乗るOさんを案内するので、残り5人の皆さんには、『誰かダッシュで乗車して近くに席を確保するように』頼みました。

座席は通路を挟んで2人がけですが、椅子は回すことができませんでした。そこで向かい合わせに座れる4人がけの席を、通路を挟んで2箇所確保してくれました。3人づつ座れば少しは余裕もあることでしょう。ジャスパーで乗った時は『満席』ではありませんが、かなり混んでいました。コンダクターがくると、プリントした乗車券を見せます。座席の棚のところに、何処まで何人と書き込んでいました。

ジャスパーを離れて1時間もしないうちに、カナディアンロッキーで最高峰のロブソンが見えます。展望車がスナック車の上にありましたが、さすがに人数が多いのでいつも混雑していました。その日は展望車には行けませんでしたが、このスナック車で皆んでお酒を飲むことにしました。

スナック車でみんなで乾杯

スナック車でみんなで乾杯

最初はOさんがいる寝台車に遊びに行こうとしたのですが、残念ながらエコノミー車の人は入れませんでした。そこで『ツアーガイド』と言って私が行きOさんを呼んできました。食事前の時間、ちょっとだけでも一緒になれると嬉しいようです。ビールを買った後、持ってきた日本酒を持ち込みで飲んでいました。一応座席ではお酒は飲めないので注意してください。

スナック車では簡単なディナーやピザ、サンドウィッチなどもあります。すべて肉のメニューだったので、私は持っていたスナックだけを食べました。今日は移動が少なかったので、お腹もあまり空いていませんが、食べたいものがないとお腹がちっともすきません。

9月末まだ夏時間なので8時過ぎまで明るかったですが、さすがに夜の帳が降りるとすることはありません。座席ではあまり眠れませんが、私はスリーピングバッグを広げて、暖かくして眠ることにしました。座席車には毛布や枕はないので、自分で何か用意しておいて方が良いです。

ちょうど中間のカムループスに午後11時過ぎに到着しました。ここで降りる人も多いようで、かなり席があきました。隣のNさんは早速二人がけの席を見つけて移動していました。私も二人がけの席に移動、おかげで何とかバンクーバーまで少しだけ眠ることができました。

朝の展望台車で朝食をとりながら、、、

朝の展望台車で朝食をとりながら、、、

ジャスパーとバンクーバーの間には1時間の時差があります。ホープあたりから田園風景が続きますが、朝7時ごろになるとだんだん明るくなりました。フレイーザー川沿いに鉄道は走り、昨日までの山の風景から広々として景色になります。朝早めに展望車に行くと、少しだけ座席が空いていました。そこで朝食をとりながら景色を楽しみます。

私は一度バンクーバーに入っているので、あまり感動もありませんが、初めての人にとっては、それなりに感動的でしょうね。こうして20時間の鉄道の旅も終わりに近づきました。長かった鉄道の旅もバンクーバーパスフィックセントラル駅に約20分遅れで到着しました。

私はOさんを迎えに寝台車に行きました。『疲れるのではないか』と、鉄道の旅を懸念されていたOさんですが、寝台車の下の方で、ゆっくりと眠ることができたそうです。個室だったら上下になりますが、上下2段のベッドタイプの寝台の下二つを予約したので、『ゆっくりとくつろぐことができた』と言われました。

到着すると他の人が荷物を待っていてくれましたが、私にはレンタカーピックアップという仕事があります。荷物を他の人に任せて、次の手配に取り掛かります。

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中