北米旅行2016 その22『マリンレイクボートクルーズ』

ジャスパー国立公園内にもたくさんの湖があります。ジャスパーパークロッジの横には、ラックボーバートがありますが、その周辺にはエディスレイクやアネットレイクなど、ガイドブックでも紹介されないし、写真もあまり撮られないような湖が数々あります。

ジャスパー国立公園で一番有名な湖と言えば、ボートクルーズで有名なマリンレイクがあります。周辺の氷河から溶け出した水が注いでいるので、場所によって湖の色が異なります。全長22kmのマリーンレイクは、ジャスパー国立公園で一番大きな湖です。

この湖を有名にしたのが、『スピリッツアイランド』です。コダックがカラーフィルムを発売した時に、ニューヨークにあるペンステーションに、『マリンレイクとスピリッツアイランド』の写真を飾りました。鮮やかなアクアマリーンのような湖の色が、ニューヨーク市民を驚かせたそうです。

90分のボートクルーズでは、このスピリッツアイランドまで行くことができます。ここでボートは15分ほど停止します。ボートから降りて、スピリッツアイランドまでの周遊コースを散策することができますが、残念ながら島には上陸できません。島と言っても木がわずか数本だけあるような小さな島です。

ジャスパーまできたら、やはりマリンレイクのクルーズを逃さないでください。ジャスパー周辺の湖なら自転車を借りても行くことができますが、ここは車でないと無理ですね。街まで約23km、片道バスで来て、ハイキングで帰るという方法もありますよ。

マリンレイクでは写真好きの方のために、2時間半の写真クルーズも催行しています。プロのカメラマンがクルーズに同乗して、写真について説明してくれます。他にカヌーを借りて、湖周辺のキャンプ場に宿泊するということもできます。ただし天候が変化しやすいので注意してください。

マリーンレイク

マリンレイク

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中