北米旅行2016 その21『ジャスパーでレンタカー』

ジャスパー国立公園の観光ハイライトといえば、何と言っても『マリンレイクのボートクルーズ』です。パッケージツアーで行くなら、バスに乗れば良いわけですが、私たちの場合自分で手配しなければなりませんでした。

マリンレイクのボートクルーズも、現在はカナディアンロッキーで観光バスを催行している、ブリュースタートラベルが運営しています。もちろんブリュスターの定期観光バスで、マリーンレイクに行くこともできます。今回はジャスパーからバンクーバー行きの列車に乗るために時間が制限され、この観光バスを利用すると間に合いません。そのためにマリーンレイクにどうやっていくか調べてみました。

行く手段としてはミニバスをチャーターする、タクシーを利用するなどありましたが、予算的にかなり高くつきます。往復の交通費が最低でも一人60〜100どる、さらにクルーズ代としてひとり65ドルはかかります。一番安い方法として、レンタカーすることにしました。

バンフやジャスパーには、大抵は4〜5人乗りの車しかありません。そのために乗用車を2台借りることにしました。今回車椅子のOさんもいるので1台は乗用車(日本車4ドアのコンパクト)、もう1台は4WD(ジープチェロキー)になりました。

レンタカーするときに絶対に忘れてはならないのが『保険』です。万が一事故があったときに持ち出しがないよう『安心料として』フルカバーにしました。昨日まで乗っていたバンフからのバスをチャーターすると1500ドル、ジャスパーで8人乗りのミニバスをチャーターすると6時間で800ドル。ジャスパーはレンタカーが高いと言っても、結局は一番安くつきます。

ジャスパーのレンタカー会社は、大手4社(ハーツ、エイビス、バジェット、ナショナル)があります。どれも駅のそばなどで便利ですよ。今回バジェットで借りましたが、エイビスと同じオフィス(スタッフも一緒)でした。

借りるときは免許証とクレッジットカードが必要です。日本の免許証と日本のパスポートがあれば運転できるようですが、やはり国際免許証を持っていた方が安心です。運転手は1台にひとりづつですが、数日借りる場合に他の運転する人がいたら、1台につき1日10ドルから20ドルの追加料金が必要です。車種やレンタカー会社によって異なります。

レンタカーで借りるのは新車が多いですが、最近の車はすべてキーレスなのですね。(鍵はあるけど、鍵を差し込まなくて運転する)最初はこの方法が分からなくて戸惑いました。もうひとりの運転手(日本から来たHさん)と一緒にちょっと試しドライブ。翌日行くマリンレイクへの道を教えておきました。

マリーンレイクに続く道

マリンレイクに続く道

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中