北米旅行2016 その19『アサバスカ氷河雪上車観光ツアー』

今回のカナダ旅行のハイライトはいくつかあります。カナディアンロッキー『アイスフィールドパークウェイ』は、世界で最も美しいハイウェイのひとつと言われています。ここを訪れた人は『美しい』という思うでしょうが、何度訪れてもその美しさは変わることはありません。

バンフを離れて30年近くになります。過去10年でも3回戻ってきたけど、レイクルイーズ止まり、そこから先へと進む機会はありませんでした。しかし4年間のガイド中に最低でも400回は来たので、私の脳裏から離れることはありません。そして約30年ぶりに、レイクルイーズから先へと足を延ばす日が来ました。

コロンビアアイスフィールドパークウェイは、広大な大自然が楽しめますが、『雪上車観光』をしなかったら、ここに来た楽しみも半減してしまうかもしれませんね。私がいた頃に大型の雪上車になりましたが、今回もその雪上車に乗ることになりました。

雪上車の前でポーズ

雪上車の前でポーズ

私がいた頃と変わっていたのは、コロンビアアイスフィールドディスカバリーセンターが以前シャレーがあったところに移動したこと、当時は雪上車乗り場までスクールバスで移動していましたが、現在は観光タイプのバスで移動しました。ディスカバリーセンターで雪上車のチケットを購入しますが、今回は時間を節約するためにバス会社を通じて予約してもらいました。

ディスカバリーセンターでガイドさんがチケットを手配している間に、私たちはトイレ休憩。その後連絡バスに乗り換えて約15分で雪上車乗り場へと到着します。1台のバスに乗っている人たちが、そのまま雪上車に乗り込むようです。相変わらず混雑していましたが、やはり中国人観光客が増えていました。

車椅子(車椅子は持ち込めません)のOさんは、一番前に座らせてもらって、私はガイドのときと同じように一番後ろに座ります。30年過ぎても、この雪上車観光はほとんど変わりませんからね。以前よりも台数が増えたのと、もっとスムーズになったくらいでしょうか?ここで働く人たちは、ほとんどが若い学生さんたち、近くの建物に季節期間中だけ寝泊まりしています。

残念ながら氷河の足元まで行くことはできませんでしたが、やはり30年の歴史は、後退した氷河をみれば実感します。グローバルウォーミングだけではないけど、アサバスカ氷河もどんどん短くなっています。私が生きている間は、この氷河が無くなることはありませんが、『雪上車観光廃止の声』もあがっているとか?さてどうなるでしょうね。

アサバスカ氷河

アサバスカ氷河

 

 

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中