北米旅行2016 その18『山ヤギを探しながら昼食』

ペイトーレイクを抜けるとミスタヤバレーを抜け、サスカチュワン川と交差するところが『クロッシング』と呼ばれています。この辺りではビッグホーンシープを見る機会もありますが、残念ながら今回はいませんでした。9月普段なら冬眠前のクマ達が、最後の餌を求めて山から下りてくるのですが、前日の雪で寒かったのか、動物たちも億劫になっているのかもしれません。

クロッシングでトイレ休憩したら、バンフとジャスパー国立公園の境を目指して、サスカチュワン川ぞいに走っていきます。クロッシングの後ろに控えていたのが、マウントウィルソン。山の麓はポプラで覆われていますが、ちょうど葉っぱが黄色く紅葉していました。一見見た目には『白樺』と思ってしまいますが、このあたりにあるのはアスペンポプラです。

やや終わりがけでしたが、それでも日本から来た人たちには『一足早い紅葉』が楽しめました。カナダの紅葉はとても有名ですが、赤く色ずくのはカエデ、この辺りは標高が高いのでカエデがありません。バンクーバーだとちょっと早いし、頭部にあるメイプル街道に行っても、一番の見頃は10月の始め頃になりそうです。(紅葉の見頃は、その年の気候の変化で変わるので注意してください。)

山の中腹部のポプラと岩の間あたりに、白っぽいものが見えたら『注意して』見てください。よく観察してみると、少し動いているかもしれませんよ。もし動いたら、それはマウンテンゴートです。ビッグホーンシープは、道路沿いまで出てくることもありますが、マウンテンゴートは臆病なのか、なかなか道路沿いまでは出てきませんね。それでもこの辺り、たくさんのマウンテンゴートが生息しています。

私が見つけ出したら、皆さんも窓から見上げていましたが、ちょうどこの反対側にあるピクニックエリアで、昼食をとることになりました。昨日はホットドッグだったけど、今日はなんとおにぎりです。旅行会社の人が、毎朝ツアーに参加するひとたちのために握ってくれます。人数かが多かったら朝から大変ですよね。

と思いきや、普通のおにぎりではありませんでした。三角に握ったご飯に(多分型にいれただけ)おかずがくっつけてあるだけ、、、。これなら簡単ですよね。お味噌汁がつくと言われたけど、ガイドさんがカップに入れた味噌に、ワカメとダシの素を入れ、お湯を足して混ぜていました。もう少し贅沢言うなら、豆腐とネギも入れて欲しかったなあ、、、。

ちょっと昼には足りないけど、まあ仕方ありませんね。皆さん(特に私だったかも)おにぎりが食べれて嬉しそうでしたよ。お天気にも恵まれて、野外で『マウンテンゴート』を遠くに見ながら、おにぎりが食べれるなんて最高かな?

マウンテンゴート by wiki

マウンテンゴート by wiki

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中