北米旅行2016 その10『カナディアンロッキー観光はチャーターバスで』

9月22日、日本から4名カナダ航空でカルガリーに到着しました。今回カナダ旅行に参加する私を含めた8名が集合しました。この中にはお会いしたことのある方もいますが、みんな私の友人の同級生と奥さんたち。旅の計画をしてから、電話やスカイプで何度も話ししているので、私も初めてという感じはしませんでした。

カナディアンロッキーのルートは、1日目カルガリーからバンフへ。2日目ヨーホー国立公園。3日目バンフからジャスパーへ。4日目がジャスパー半日観光後、列車の乗車。というスケジュールです。

観光手段としては、ブリュースターの定期観光バス。レンタカーをする。日本語ドライバーのミニバスをチャーターする。ます定期観光バスを利用した場合の費用をだし、日本人経営の旅行会社にミニバスチャーターの予算を見積もってもらいました。そして一人辺りの費用を計算して、予算を立てました。

結局カルガリーからジャスパーまでは、ミニバスをチャーター、そして4日目のジャスパー観光は、ミニバスがバンフからだと高くなるので、レンタカーを借りることにしました。バンフにはミニバスを持つ会社がいくつかありますが、お願いした会社は、現在バンフでは一番大きいようです。大型のバスはないようですが、観光中同社のガイドさんをたくさん見かけました。

今回ドライバーガイドをしてくださったのは、バンフ在住のNさん。夏の忙しい時期に『蟻のように働いて』、冬季期間中は、スキー三昧で遊んでいるそうです。まあそんな生活も良いでしょうが、寒いバンフに住む気にはなりません。

私たち全部で8個の大きな荷物がありましたが、それを車の後ろに持ち上げて詰め込んでいました。私もドライバーガイドをやったことも、ガイドをやったこともありますが、スーツケースなど若い時は頑張って持ち上げていましたが、40代を過ぎたあたりから持たないようになりました。でもドライバーガイドするなら、荷物を持たなければなりません。

最初はドライバーが毎日変わりますと言われたのですが、『毎日変わるんですか?』と尋ねたところ、翌日もこのNさんが来てくださり、結局3日間通しでお願いすることになりました。料金は3日間で約25万円(2日分の昼食付き、ガイドさんのチップは含まず)は、最終的にそれほど高くなかったようです。お陰で私もかなり楽をさせてもらいました。

バンフでガイド経験、今度のツアーの添乗員がいたら、何かとうるさいと思われたのかもしれませんね。何十年もバンフに住んでいなくても、そこは私の故郷、すべての山と川、そして湖が頭に焼き付いています。バンフの街は少しは変化していましたが、いえいえ、ロッキーは少しも変わっていませんでした。

真ん中がドライバーガイドのNさん

真ん中がドライバーガイドのNさん

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中