北米旅行2016 その9『シェフの卵たちが作る手頃なメニュー』

今回28年ぶりにカルガリー市内を歩きました。大きな荷物があるので、あまり観光はできませんでしたが、電車を乗り換える間に街を歩いていみました。カルガリーは人口が100万人以上に増えて、現在カナダで3番目に大きな都会になりました。アルバーターの州都はエドモントンですが、経済の中心はカルガリーになっています。

市内を歩くと私といた頃とあまり変わっていないような気もしますが、(私がいた頃は急成長していたころで、高層ビルがどんどん建造されていました。)、その後の石油ブームで、高層ビルと住宅が増えていました。

冬は寒いので市内にある高層ビルやショッピングセンターは、すべてガラス張りの橋でつながっています。これで寒い日や雨が降っている日でも、オフィスから外にでることなく、ショッピングセンターや駅まで行くことができます。そのショッピングセンターもとてもおしゃれになっていました。

目立つのは高級ブランドの店や有名ファッションブランドのお店が増えたことです。それにグルメなレストランやカフェが目立ちましたね。昼食時になるとどのショッピングセンターも、周辺のオフィスで働く人たちで混み合っています。ランチタイムはだいたい1時間はありますが、お店を探して食べたいものをオーダーするのは、結構時間がかかります。

カナダの物価もかなり上昇しています。レストランで食べるとチップ(料金の15〜20%が相場)もかかるし、ランチと言っても10ドル以下で探すのは無理のようです。時間、お金の節約となると、お天気の良い日はテイクアウト(持ち帰り)の食事を買って、公園のベンチやショッピンセンター内のテーブルで食べたいものです。

どのショッピングセンターにあるフードコートのお店も、やっているのは素人さんが多く、安いから食べているようなものですね。そんなお店でレストラン並みの料理を食べることはできません。今回見つけたお店はショッピングセンターの中にありましたが、プロのシェフを目指す人たちが、トレーニングのためにお店で作ったメニューを提供していました。

南アルバーター職業訓練学校は、専門の技術者たちを訓練して養成する学校です。ここには調理師を目指す人のためのカリナリーコース、ホテルマンやレストランサーバーなどを目指すホスピタリティーコース、そして旅行業界のためのトラベルコースもあります。

プログラムもたくさんあり、短期のパートタイムのコースから長期のフルタイムのコースまであります。プロの調理師を目指すコースはフルタイムで2年間のコースですが、最後の6ヶ月間は、ダウンタウンにあるキャンパスで、3週間づつプロのシェフの元で料理をして、お客さんたちに提供しています。

基本的にショッピングセンター内にあるキャンパスで、毎日メニューに従って調理をします。その料理をお客さんがテイクアウトで購入することができます。メインメニューから簡単なスナック、デザートのコーナまであり、卒業まであっと一歩の生徒さんたちの料理を楽しむことができます。その傍らでは卒業生や講師となるプロの調理師も一緒に料理していますから、レストランやホテル並みのメニューと味を楽しむことができます。

キャンパス内にはテーブルがないので、購入した料理をそこで食べることはできないですが、ショッピングセンター内にあるフードコートで食べれます。またこのキャンパス内では、一般向けのクッキングコースもあります。詳細は SAIT Culinary Campus Downtown をごらんください。

レストラン並みのランチをテイクアウトで

レストラン並みのランチをテイクアウトで

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中