北米旅行2016 その6『バンフの友人たち』

私がバンフに住んでいたのは、1983年から87年までの夏の間だけでした。初めてガイドしたのもバンフ。山が大好きになったのもバンフ。世界中に知られている観光地に住んだのも、バンフが初めてでした。

それまで東京やトロント、バンクーバーなど大都会に住んでいたので、わずか人口1万人足らずのバンフは物足りませんでした。まだ若かったのでエネルギーを発散するところはなかったですね。しかし仕事が忙しくて遊ぶ暇もありませんでしたが、夏の間だけ暮らすには最高の街でした。

ガイドをしているとオフィスにいる人以外は、毎年スタッフが変わっていました。その中には他の街に移る人もいましたが、バンフに残った友人たちは、私にとってかけがえのない宝物でした。ロッキーの山々と美しい湖たち、しかし私が何度もバンフに戻るのは、やはり友人たちに会えるからです。

しかし今回会えたのはわずか数人でした。日本に帰国して会えなかった後輩もいましたが、仕事が忙しくて会えなかった友人。そして病気で会えなかった友人もいます。会えない友人もいれば、名前は知っていたけど、初めてゆっくりと話した友人もいました。

以前働いていた会社はまだありますが、同僚たちはそれぞれ去っていました。いろんなことがあり、会社とは疎遠になっているようです。昔の会社を訪ねてみるつもりでしたが、依頼したツアーをキャンセルしたので行きませんでした。私がいた頃はバンフで一番大きな会社でしたが、今は細々とやっているようです。

今度バンフに行くのはいつになるでしょうか?この街は私がいた頃とほとんど変わっていません。昔住んでいたアパートもそのままありました。散策に来るエルクもあの当時と同じでした。バンフに知っている人がいる限り、もう一度訪ねてみたいです。楽しかった日々を思い出して、皆んなと語り明かしたいですね。

秋のバンフ by Banff FB

秋のバンフ by Banff FB

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

2 Responses to 北米旅行2016 その6『バンフの友人たち』

  1. ポーレイ より:

    Takechanさん、旅の様子を楽しく拝見してます!
    バンフの会社、キャンセルしたならなおさら訪問されれば良かったのに〜(お知り合いがまだいらっしゃる場合)。
    あちこちにふるさと的な町があって、すごいな〜。旅人人生ですね!

    • takechan より:

      ポーレイさんコメントありがとうございます。
      バンフもバンクーバーも、私にとっては、
      大事なふるさとのひとつですね。
      あの街に住めたのは本当にラッキーでした。
      また戻りたいと思うこの頃です。
      その時は遊びに来てくれますか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中