北米旅行2016 その1『オーストラリアの出国審査はスマートゲート』

今年もあとひと月半しかありません。約2ヶ月に渡る北米から旅行から4日前に戻ってきました。まだ仕事には戻っていませんが、放置していたこちらのブログを少しづつ更新するつもりです。

私はオーストラリアを出るのは約2年ぶり。引越しなどの問題と、アラスカでの仕事が見つからなかったので、オーストラリアで過ごしていました。オーストラリア人になって4年になりますが、最近は出国はすべてオーストラリアのパスポートを利用しています。

今回の旅行で思ったことは、どの国の出入国審査も機械化が進んだことです。アメリカ、カナダ、メキシコは出国審査は全くありませんでした。オーストラリアは出国審査はあるものの、『スマートゲート』と呼ばれる機械化になっていました。

シドニー国際空港でチェックインする時は、いつものように荷物とパスポートを見せて、航空会社のカウンターでチェックインします。アメリカに渡航する時は、ひとつ23kgまたは50ポンドまでの荷物が2個までチェックインできます。

チェックインすると、出国カードを記入するように言われましたが、実際の出国審査はすべて機械化(無人化)、パスポートを機械に投入してスキャンするだけで終わりました。もう出国カードを記入する必要もありません。

今や日本やオーストラリアなど先進国のパスポートには、すべてICチップが含まれているので、それを機械が読み取ったら、出国のスタンプも押さなければ、係員が尋ねることもありません。以前より時間はかなり短縮されましたが、常に早めに行くことをお勧めします。

尚オーストラリアに入国する際には、パスポートの読み取り機械はありますが、必ず入国カードを記入してください。税関のカードを兼ねているので、飛行機の中で配られたら、空港に到着する前に記入しておきましょうね。

出国審査のスマートゲート

出国審査のスマートゲート

広告
カテゴリー: 北米旅行2016 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中