シドニー〜ロサンゼルス間の航空券

初めてオーストラリアに来て30年以上が過ぎましたが、この間に北米とシドニー間を何度往復したことでしょう。最初はバンクーバーからワーキングホリデーでやってきたので片道航空券。バンクーバーからフィジー経由で片道US900ドルぐらいできました。帰りはロサンゼルス経由でバンクーバーに戻りましたが、片道やはりA900ドル近く払いましたね。

当時はまだ日本円が弱く、アメリカドルやオーストラリアドルは150〜200円ぐらいしていた頃です。あれから日本円が強くなりどちらも1ドル100円以下になりましたが、航空券はつねに円建てではなく、米ドルだてで換算するようにしています。その方が比較しやすいこともありますが、アメリカとオーストラリアドルも相場が5〜10年周期で変化しているので、ドルとして計算する方が比較しやすいかもしれません。

今までの相場で言えば、片道航空券なら800〜900ドル前後、往復なら1300〜1500ドルぐらいが相場でした。単純な旅行で往復することはあまりないので、まあこれくらいなら許せます。この10年の間にも一度日本経由で飛びましたが、ほとんどシドニー〜ロサンゼルス間を往復しています。一番フライト便数が多いので、値段も比較的安いというわけです。

今回カナダ旅行をしますが、私はやはりシドニー〜ロサンゼルスの往復航空券を予約しました。最初探していた頃は豪ドルで1500ぐらいでした。ある日フィージー航空で1000ドル前後の航空券をみつけましたが、その時はまだ予約しませんでした。そして8月中旬旅行まで1ヶ月近くになったので航空券を探していたら、なんと直行便で往復900ドル以下という今まで最安値のチケットがありました。

北米に行くのはカナダ旅行開始の数日前、シドニーに戻ってくるのは、お父さんが帰国する前後が条件でした。そしてそれにぴったり当てはまる日が、その前後でも一番の最安値だったのです。現在1豪ドルは米ドルの75セントにしかなりません。このチケットを米ドルに換算すると650ドルぐらいで、今まで飛んだ片道料金と比べても断トツに安いです。実際に同じフライトで片道料金を比較したら、片道の方が往復よりも高いのです。

今回はデルタ航空で飛びます。ちょうどデルタ航空がアメリカ国内で、コンピューターのトラブルから半日ほどすべてのフライトが飛行できなかった事故があった後でした。もちろんそれで安い航空券がでたのかわかりませんが、シェアーコードしているヴァージン航空で買うと2倍の料金になっていました。

航空券を探す際に『グーグルフライト』を利用していますが、ポイントAからポイントBまで、カレンダーで何時が安いかなので比較には最適ですよ。カナダ旅行の後、アメリカやメキシコを回る予定ですが、やはりあちらこちら飛ぶには、『グーグルフライト』でプランを立てています。実際に何処に行くか決まっていませんが、旅の計画を立てるときには役立ちますよ。

デルタ航空券の内訳

デルタ航空券の内訳

広告
カテゴリー: 旅行情報 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中