『水泳王国オーストラリア』復活なるか?

オリンピックが開幕して、各競技が始まりました。陸上競技やレスリングなど後半から始まる競技もありますが、オーストラリアは、強国を差し抜いて金メダルを2個獲得。1日目の競技が終わった時点で、メダル獲得リストでトップに躍り出ています。オーストラリアの最初のメダルはアーチェリー男子団体、初めての銅メダルに輝きました。

金メダルはオーストラリアが得意とする『水泳』で2個も獲得しました。まずは男子400m自由形で、マックホートンが金メダルを獲得しました。400m自由形と言えば、イアン・ソープが得意とした種目です。シドニーオリンピックではもちろんイアン・ソープが世界新記録で金メダルを獲得、『水泳王国アメリカ』に対抗する強敵として、オーストラリア男子競泳が名を轟かせたオリンピックでした。

メダル獲得リスト

メダル獲得リスト

イアン・ソープやグラン・ハケットがいた時代は、オーストラリアが男子4x100m自由形リレーでも、4x200m自由形リレーでも、強豪アメリカを抑えて世界新記録で優勝しました。まだその頃女性はスージーオニールが200m自由形で金メダル、200mバタフライで銀メダルを獲得しましたが、リレーは4x200m自由形と4x100mメドレーとも銀メダルで、強敵アメリカを抑えることはできませんでした。

しかし今は女性チームの方が頑張っています。前回のロンドン大会では、女子4x100mリレーではオリンピック新記録で金メダル、4x200m自由形リレーと4x100メドレーリレーでは、強敵アメリカに負けて銀メダルに終わりました。

世界新記録で金メダルに輝く4x100m自由形リレーチーム

世界新記録で金メダルに輝く4x100m自由形リレーチーム

そして本日リオでも女性チームは頑張っています。4x100m自由形リレーで、世界新記録、オリンピック新記録を更新して、ついに金メダルに輝きました。このなかにはつい先日100自由形の世界新記録を更新したばかりのケート・キャンベルがいます。妹のブロンテと共に、オリンピックでの活躍に期待しています。

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中