熊本チャリティー映画『うつくしいひと』を見て、

7月17日マッコーリー大学内にあるシアターで、熊本地震チャリティー映画『うつくしいひと』が上映されました。熊本出身の行定監督が、去年故郷の熊本を舞台に撮影したショートフィルムです。映画館では上映されていないようですが、『熊本地震支援』として、各地で上映されているようです。

海外でも上映している国がありますが、シドニーは私の友人『amiのSydney・札幌お楽しみレイキ講座』のAmiさんやその仲間たちの努力により、上映されることになりました。私は2部に行きましたが、人数は思ったより少なかったですが、映画をご覧になった方は感動されていたようです。

映画の内容的にはちょっとわかりにくいところもありますが、熊本城や草千里など熊本の美しい景色ができてきました。地震で多大な被害を受けた熊本城が、修復するのに何年かかるかわかりませんが、きっと元の姿に戻ることは間違いありません。春の桜や秋の銀杏が美しい熊本城、初夏の緑がすがすがしい草千里。地元の通潤橋も地震で被害を受けました。毎年八朔祭には放水されていましたが、今年はどうなるのかな?

皆さんの熊本弁もさすが地元出身ということもあり、それなりに聞けましたが、見ていた人たちはわかったかしら。5年近く日本に行っていないけど、ちょっとだけ地元に戻ったようです。まあ当分はまだ落ち着かないと思いますが、『肥後もっこすは負けんばいた』地震の復興に立ち向かいます。

映画の上映に際して、大変な努力をしていただいた皆さんありがとうございました。そして私よりも熊本応援している友人に感謝の意を伝えたいです。

うつくしいひとより

うつくしいひとより

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中