ターンブル首相の続投確定!@オーストラリア総選挙

日本では参議院選挙で自民公明の連立政権が、2/3以上の議席を確保して、政治が面白くないと思っている方も多いようですが、40%以下の投票率では『国民の代表』と言えないのかもしれませんね。次は東京都知事選挙の行方が気になりますね。『東京都民の皆さん!』東京オリンピックも控えています。どうぞまともな都知事を選んでくださいね。

7月2日に行われたオーストラリア総選挙の結果、与党連立政権が、無所属の力を借りて、議席の半分76議席を確保することができました。10日に労働党は敗北宣言をして、それを受けた首相が『勝利宣言』をしましたが、決して勝利とは言えないかもしれません。

開票の結果、民主国民連合は前議席の90から74に2割近く議席を減らし、単独では半分を確保できませんでした。そこで無所属議員と交渉して、何とか協力を得たようです。しかし議案によっては反対させることもあるでしょうから、無所属議員の力が強くなります。

負けたとは言え野党の労働党は、与党政権が無くした議席の分16議席を増やし、71議席と確保しました。単独の党としては議会最大の議席を確保、国会に大きな力を発揮することでしょう。負けると大抵は党首交代になりますが、そのまま続投するようです。

ターンブル首相

ターンブル首相

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中