campsie food festivalに行ってみた

土曜日私が住んでいるキャンプシーでは、恒例の『キャンプシーフードフェスティバル』が開催されました。以前は韓国人の街といわれたキャンプシーも、今や中国人が圧倒的に多いです。その昔はレバノン人やアイランダー(南太平洋諸島から来た人たち)が多かったです。しかし時の流れか、今やインド人やアフリカ人(特にスーダン出身)も増えてきました。

まさに多国籍民族の街で、大通りを歩いていると『白人』を見る方が少ないです。今やアジア化したキャンプシーですが、多分50カ国以上の国籍を持った人たちが住み、いろんな言葉を聞くことができます。まあ日本人は我が家を入れて20数人も住んでいないと思いますが、和食ブームを受けてか、小さな街ですが、ラーメン屋、寿司屋などをいれて7件ぐらいあります。

フードフェスティバルでは各国のフードが並びました。珍しいアフリカやトルコ料理、この街には見合わないスパニッシュ(南米系の人たちがやっていました)もありましたが、多分一番人気だったのは、たこ焼き屋さんです。

『Colotako』は今や日本のたこ焼き屋さんとして、シドニーのマーケットやイベントでは必ず見かけるようになりました。毎年このフードフェスティバルに参加していますが、最初から最後まで行列が絶えることはないようです。私タコが苦手なので、たこ焼き食べないのですが、カニ焼きやエビ焼きもやっていました。

そのお隣ではたい焼きと今川焼きがありましたが、こちらは韓国人の方だったようです。最近はこんな日本の甘味もチャイナタウンを中心に人気が広がっています。確かに日本の甘味は美味しいですよね、できたら『みたらし団子』なんかが好きなんだけど、、。

『Colotako』が何処でおーぷんしているか、興味のある方はウェブサイトからどうぞ。

09_20130601_2010-Campsie-Food-Festival-2013_Colotako-@colotako--japanese-seafood-dumpling-stall

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中