デサートに65ドル払いますか?@Koi Dessert Bar

『マスターシェフ天才料理人バトル』は、英国で始まった視聴者が参加する料理番組です。アメリカやカナダだけでなく、今や世界50カ国以上でフランチャイズされています。『マスターシェフオーストラリア』は、2009年から放送されていますが、今やオーストラリアで一番人気がある番組です。

私は毎日フォローしていませんが、リアリティー番組の中では一番好きな番組ですね。あんなにおいしい料理は作れないけど、どんな料理を作ってくれるのか楽しみです。特に私が一番苦手な『デザート』は、素人とは思えないような作品もあります。

2015年のシリーズでは、デザートキングと異名をとった『レノー』が忘れられません。当時大学で学ぶ20歳の学生でしたが、彼が作るデザートは、プロが作るような芸術的な作品ばかりでした。

マスターシェフに出場したレノー

マスターシェフに出場したレノー

デザート好きの学生と思っていたのですが、お母さんは20年以上の経歴を持つシェフ、特にペーストリーが得意なようで、レノーの兄と一緒に、デザート工房『アートプレート』を経営しています。結婚式や誕生日など特別な時のためのデザートを、注文に応じて制作しています。

そのお兄さんはオーストラリアで修行しましたが、『マスターシェフインドネシア』の審査員務めるほど、インドネシアでは有名なシェフでした。ですからレノーも小さい時からデザートに興味があったそうです。ただしお母さんの要望としては、シェフではなく普通のビジネスマンになって欲しかったそうです。

『マスターシェフオーストラリア』に出場して、彼の人生も変わったようです。優勝はしませんでしたが、番組終了後レストランで修行、半年後にはデザートバー『Koi』をオープンしました。もちろんプロのお母さんやお兄さんの応援があったと思います。

koiおシグネシャーディッシュ『モス』

koiおシグネシャーディッシュ『モス』

このレストランは『デザート』がメインのようです。昼間はセットメニューのデザートとコーヒーなどのドリンクのみ。デザートはセットメニューになっています。4種類のデザートメニューが一人65ドル。高級レストランではデザートが15〜20ドルも普通だけど、4種類もデザートが食べれますか?ましてやひとり65ドルなんて、、。

夕食は6コース(うちデザートが3コース)でひとり77ドル。でもメニューのチョイスはできません。すべてセットメニューです。私のようなベジタリアンは夕食は食べれないですね。夜のセットメニューで、このデザートバーの名物『モス』を食べたい時は、プラス20ドルになります。

ここでは『アートプレート』のデザートを購入できるようですが、実際に行ったことはありません。ひとり65ドルだと、ちょっと気安くは入れませんよね。

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中