カナダ旅行計画 その9『バンフorジャスパー』

カナディアンロッキーの中には小さな街がいくつかありますが、国立公園の名称にもなっているバンフとジャスパーは、観光の拠点となっています。1988年のカルガリーオリンピックで、ノルディックスキーの会場となったキャンモアは、現在ではロッキーの入り口として観光客の宿泊も増えていますが、別荘地帯としても人気があります。しかしバンフやジャスパーほど知名度はありませんね。

私がいた頃からバンフは世界中から観光客が訪れていました。ジャスパーは空港からのアクセスが遠いこともあり、滞在日数が限られている日本時観光客は、ジャスパーに訪れる人たちが少なかったです。その数はバンフに比べると1割も少なかったかもしれません。そのうちジャスパーの観光に力を入れる旅行会社も増えましたが、列車が週3便しか運行していない現在、さらに減っているかもしれません。

ジャスパーもとても魅力的な街です。クルーズが楽しめるマリーンレイクを始め、周辺にはたくさんの湖があります。山や氷河などを見ながらトレッキングもできるので、一週間ぐらい滞在してもあきることはないかもしれません。しかしお土産やさんなどは少ないので、観光や買い物が一番の目的の観光客には物足りないですね。

バンフとジャスパーは良く比べられますが、大きな空港からのアクセスや、ホテルの数、観光ツアーのバラエティーなどを総合すると、やはりバンフの方が魅力的です。しかし一生に一度のカナダ旅行なら、やはりバンフからジャスパーまで見て、初めてカナディアンロッキーを垣間見たと言えるでしょう。

二つの街を比べる時、有名な2姉妹に例えると良いかもしれません。例えばパリス・ヒルトンとニッキー・ヒルトン。どちらもそれなりにきれいで才能もある女性ですが、姉のパリスの方がスキャンダルなどもありあまりにも有名ですよね。ニッキーはお陰でその存在が薄れています。例えが悪いかもしれませんがそんな感じです。

ただバンフからジャスパーに行くと、空港があるエドモントンまで約370kmあるので、バンフ経由でカルガリーに戻っても距離はあまり変わりません。それなら列車かバスでバンクーバに抜けたほうが良いと思います。車ならあまり問題はありませんが、観光バスや公共の交通を利用して旅行する場合、これを頭に入れておいてください。

ジャスパーはホテルの数がとても少ないので、値段も高くなります。旅行計画をするときは、ジャスパーまでの交通手段とホテルを抑えてから計画を立てると良いですよ。

マリーンレイク

マリーンレイク

広告
カテゴリー: カナダ旅行 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中