Happy Chinese New Year!!

立春も過ぎて日本もやや春らしくなってきたことを願っています。北半球が春を迎える頃、シドニーは秋に向かいますが、まだまだ夏の陽気、西の端パースでは40度近いヒートウェーブ(熱帯風)が押し寄せています。

さて明日はチャーイニーズニューイヤーです。中国系の多い国では、大体的にこの行事が行われるようになりましたが、シドニーでも長いことお祝いされています。しかもその行事は毎年大きくなるばかり、この間たくさんのイベントが開催されるようになりました。東南アジアの国々を除いた中国系移民の多い街では、シドニーのチャーイニーズニューイヤーは世界最大のイベントと言われています。

去年オーストラリアに移民してきた中国人は10万人以上、ニュージーランドを追い越して第1位になりました。まだまだ白人の人口が多いオーストラリアですが、中国、インドをはじめアジア系移民が増えているので、大都会にいると香港やシンガポールにいるような錯覚に陥ります。

そういう私が住んでいる街も、以前はコリアンタウンと呼ばれていますが、南太平洋諸島の国や中近東からの住民も多い街です。しかし最近移民してくるのは中国人とインド人が圧倒できで、週末に買い物に来ている人たちの中に、欧米系に人たちを見るのが難しいほどです。

多国籍民族の国と言われるオーストラリアですが、香港やマレーシア、シンガポールが同じ英国連邦だったということもあり、中国系の移民の歴史は長いです。そのために英国系移民の対象として、中国系のイベントが大体的に祝われるようです。

というのは表向きで、この時期中国系観光客がものすごく増えます。今では日本人を押し抜いて、海外からのトップ観光客に踊り出た中国からの観光客を、プロモーションするためのプロパガンダにも思えます。オーストラリアと中国の貿易、経済のつながりも日本よりも増え、『中国がくしゃみすれば、オーストラリアが風邪を引く時代』です。ということで、中国とのつながりを深めたい、オーストラリアのデモストレーションですね。

香港や台湾、マレーシアを始めとする東南アジアの中国系移民が、現在のオーストラリアを支えてくれたのに、後から大量にやってきた共産圏中国人にゴマをすらないで欲しいですね。同じ中国人ではなく、彼らも嫌っている中国人です。

真っ赤に染まったオペラハウス

真っ赤に染まったオペラハウス

 

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中