チャールズ皇太子15回目のオーストラリア訪問

チャールズ皇太子とカメラ夫人

チャールズ皇太子とカメラ夫人

英国王室といえば、オーストラリアにとって皇室みたいなものです。英国連邦のひとつであるオーストアリアの首長は『エリザベス女王』。英国王室の訪問となれば、英国系オーストラリア人でなくても、楽しみにしている方も多いようです。このところ毎年英国王室の誰かがオーストラリアに来ています。去年はケイト妃とジョージ王子の初めてのオーストラリア訪問ということもあり、あちらこちらでロイヤルフィーバーが荒れまくりました。

さて今年は3年ぶりにチャールズ皇太子とカメラ夫人がオーストラリアを訪問します。すでにニュージーランドの訪問を終え、本日アデレードに到着しました。ワインで有名なバロッサーバレーを訪問しましたが、アデレードは英国系移民の割合が多いところでもあります。オーストラリアで一番英国に近い英語を話すとも言われています。

明日は11月11日。訪問した二人の胸にポピーの花が見られるように、『リメンブランスデー』です。1918年11月11日に第一次世界大戦が終わりましたが、そのため『戦没者追悼記念日』になっています。もちろん第一次世界大戦に参戦したオーストラリアでは祝日ではありませんが、首都キャンベラでチャールズ皇太子とカメラ夫人も参列して大きな式典が行われます。

11月12日にシドニー来るようです。なかなか一般市民とミングルする暇もないようですが、お昼頃マーティンプレイスに来るそうです。私は仕事だけど見に行く機会はないわね。といってもあまり興味はありませんが、、。セキュリティーの関係もあるのか、詳しいスケジュールは公表されていません。

 

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中