日本の競走馬『フェイムゲーム』優勝なるか?@メルボルンカップ

オーストラリアにジャカランダの花が咲き乱れたら、スプリングカーニバルのハイライト『メルボルンカップ』の時期です。毎年11月の第一火曜日にメルボルンにあるフレンミントン競馬場で開催されます。メロボルン市内は休日(全く仕事になりません)、おしゃれした老若男女が、オーストラリア全国の競馬場を埋め尽くします。フレミントン競馬場のみならず、オーストラリア各都市の代表的な競馬場で、レースが開催されます。

メルボルンカップは1861年に創設された歴史的なレースのみならず、オーストラリアで一番賞金額が多いレースでもあります。オーストラリアやニュージーランドの競走馬のみならず、現在は世界中からレースに出場しています。2000年以降でも去年はドイツ、フランス、アイルランド、そして2006年には日本のデルタブースが優勝しました。この年は日本の競走馬が、1着と2着になりました。

メルボルンカップ1番人気のフェイムゲーム

メルボルンカップ1番人気のフェイムゲーム

実際にメルボルカップレースに出場する競走馬が、出走するのは午後3時です。この瞬間は『ストップザネーション!!』と言われ、オーストラリア全土がこのレースに注目します。各レストランやホテル、バーなどでは、メルボルンカップのための特別ランチが作られ、出張馬券場もオープンします。

競馬場に行けない人のために、各職場では仲間同士て賭け合います。この時間帯にはカフェテリアなどにテレビが映し出され、レースを観戦する人が多いです。もちろんスナックやドリンクも提供され、午後からは仕事にならない日です。

大穴を狙ってホッコーブレーブに賭けるか?

大穴を狙ってホッコーブレーブに賭けるか?

 

さて今年は155回目となりますが、一番人気に日本の競走馬『フェイムムゲーム』の名前が挙がっています。先日コーフィールド競馬場で開催された『コーフィールドカップ』では、ホッコーブレーブとともに出走しました。 フェイムゲームは後方のイン、ホッコーブレーヴは中団の外からレースを進めて直線に向いたものの、ともに伸び切ることはできず、結果フェイムゲームは6着、ホッコーブレーヴは10着に終わりました。

 

優勝候補だった『モゴリアンカーン』が出走を取り下げたために、『フェイムゲーム』が1番人気になりました。ホッコーブレーブは残念ながら人気がありませんが、以外と大穴になる可能性もあります。私も両方に賭けてみようかな?競馬場には行かなくても、何処かで観戦していることでしょう。

 

広告
カテゴリー: オーストラリア タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中