カナダ旅行計画 その4『カナディアンロッキーの湖』

マリーンレイク

マリーンレイク

 

『カナディアンロッキーの魅力』でお話したように、壮大な景観と野生動物、そして高山植物が魅力的なカナディアンロッキーです。山のイメージが一番に浮かびますが、個性的な湖が多くロッキー山脈に華を添えています。

バンフ周辺だけでもバーミリオンレイク、レイクミネワンカを始め、名もないような湖がたくさんあります。国道1号線や州道93号線『アイスフィールドパークウェイ』から見える湖は、数える程しかありませんが、カナディアンロッキーを代表する湖をいくつか紹介したいと思います。

まずは地名にもなっている『レイクルイーズ』。湖のほとりにはシャトレイクルーズというホテルもあり、まさにカナディアンロッキーを代表する湖ですね。ロッキーに来る観光客は、必ずと言って良いほどここに来ます。私の友達はレイクルイーズに行き駐車場まで行きましたが、湖が遠い所にあると思って諦めたそうです。レイクルイーズは街から4kmほど坂を上ったところにあります。もちろん車で行くことができますよ。

『アイスフィールドパークウェイ』に入って、一番最初に目立つのが、 ボー川の水源地ボーレイクです。大変大きな湖です。天気が良ければボー氷河を遠くに見ることができます。この麓にはナムティジャロッジがありますが。観光バスではほとんど立ち寄りません。だってオーナーは一般の観光客が嫌いです。

93号線で一番高いのがボーサミット、ここの展望台からは有名な『ペイトーレイク』がみられます。ここを過ぎて道路沿いに見えてくるのが、ウォーターファウルレイクです。アッパーとロウワーがあります。水鳥という名前の湖ですが、よくムースを見かけました。ここからジャスパーまで、道路沿いには大きな湖はありません。

ジャスパー周辺にもたくさん湖があります。一番有名なのはボートクルーズがあるマリーンレイクですね。そこに行く途中にあるメディスンレイクは、とても不思議な湖です。湖に注ぐ水はあっても、ここから流れ出す水はありません。すべて湖の底へと沈んでいくそうです。その水が湧き出てくるのが、ジャスパーパークロッジの前にあるラックデボーバルトです。この周辺には湖巡りが出来るほと、小さな湖があります。

ヨーホー国立公園にはグリーンレイク、さらに以前10ドル札の裏に描かれていたモレーンレイク。ハイキングで人気のあるレイクオハラなどなど、すべての湖を散策するのは難しいです。でもその代表的な湖だけでも、あなたを堪能させてくれますよ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

広告
カテゴリー: カナダ旅行 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中