カナダ旅行計画 その3『カナディアンロッキーの魅力』

『高い山を見たいと思ったら、何処の国へ行きますか?』イメージ的にはヒマラヤのインドやネパールですが、ここは登山やトレッキングが主で、ただの観光で行く人は少ないですよね。とてもユニークな国ですが、治安や衛生面を考えると躊躇う方も多いでしょうね。南米にも高い山はありますが、簡単に行ける近さではありませんね。そうなるとヨーロッパや北米という答えが戻ってきそうです。

アメリカにも高い山はたくさんあります。特にワシントン州やモンタナ州は、あまり日本人観光客が行かないけど、魅力的な山もたくさんあります。しかし交通の便利さを考えると、バンフからジャスパーにかけての『カナディアンロッキー』に軍配が上がるようです。ここには山が集中しています。さらに植物や動物などの自然も豊富ですが、なんといっても魅力的な湖が多いことが上げられます。

ジャスパーはエドモントンから4時間と、ちょっと交通の便が悪いように感じます。しかし日本からカルガリーまで(バンクーバーに飛ぶのと飛行機時間はほとんど同じです)直行便で飛んで、そこから約1時間半かけてバンフに入り、レイクルイーズを経由してジャスパーまで走破すれば、忘れがたい思い出の旅となるはずです。現在は週3便ですが(オフシーズンは週2便)、VIA Railというカナダを横断する鉄道も運行されているので、バンクーバーに出るのも便利です。

カルガリーからバンフまでは約135km。プレリーと呼ばれる大草原にあるカルガリーを出発すると、すぐにカナディアンロッキーが遠くに見えます。国道1号線を飛ばしながら、ロッキー山脈にアプローチするドライブも楽しいですよ。ロッキー山脈がすぐ近くに見え始めると、今やトレッキング観光の基地になったケンモアがあります。さらに進むといよいよバンフ国立公園の入り口です。

バンフからジャスパーまで約300kmほどあります。バンフを出発するとレイクルイーズまで国道1号線を走りますが、この間にも有名な山がいくつもあります。道路から湖はほとんど見えませんが、運が良ければ熊やエルクなどの野生動物に会えます。時間があれば、お隣ブリティッシュコロビア州にあるヨーホー国立公園も観光したいですね。

レイクルイーズで国道1号線に分かれて、州道93号線に入ります。これが『アイスフィールドパークウェイ』と呼ばれていますが、カナダで一番美しい景色の道路です。観光専用道路ではありませんが、バンフとジャスパーを結ぶ、まさにカナディアンロッキーの大動脈です。世界中からたくさんの観光客がバンフにやってきますが、スキーシーズン以外は、必ずこの『アイスフィールドパークウェイ』にある山や湖を観光に来ます。

実際に行ってみないとその壮大さを肌で感じることはできませんが、『カナディアンロッキーの魅力』を一言で表すことはできません。もし時間があれば、Googleで『カナディアンロッキー』と検索して写真を見てみるか、Googleマップのストリートビューで、『アイスフィールドパークウェイ』を走破してみてください。その雄大な景色を楽しんで頂けることでしょう。

カナディアンロッキーの魅力を伝える動画を見つけました。私が良いなあと思ったのは別にありますが、観光地など紹介するならこちらの方が分かりやすいでしょうね。カナディアンロッキーのアトラクションをごらんください。

広告
カテゴリー: カナダ旅行 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中